[新製品・サービス]

音声データから感情を突き止めるツール「音声感情認識AI」、スワローインキュベート

2019年9月12日(木)IT Leaders編集部

スワローインキュベートは2019年9月11日、 音声データから感情を突き止めるツール「音声感情認識AI」を強化したと発表した。SDK(ソフトウェア開発キット)、Web API、Web上で手軽に精度検証ができる「トライアルWEBアプリ」、などを提供する。パナソニックの特許技術を活用している。

 音声感情認識AIは、会話などの音声データから「感情の種別」を解析するツールである(図1)。音声データから、「怒り(Anger)」、「喜び(Happy)」、「平静(normal)」という3つの感情の状態を検出できる。要素技術として、パナソニックの特許技術を活用している。

図1:音声感情認識AIの概要(出典:スワローインキュベート)図1:音声感情認識AIの概要(出典:スワローインキュベート)
拡大画像表示

 スワローインキュベートの既存ツール「音声による感情認識技術」の全面リニューアル版に当たる。今回のリニューアル版では、ユーザーから得られた意見・要望を基に、新しいアルゴリズムを開発した。これにより、精度と操作性を高めた。

 言語に依存しない「音響解析型」を用いた独自のアルゴリズムを採用している。教師データが不要であるほか、外国語も解析できる。「ノイズ・音割れ検知」や「発話区間の動的解析」などの技術も実装している。

 感情を誤って認識する誤検出率は、5.91%と低く抑えているという。

 提供形態として、SDK、Web API、コールセンター向けの実証実験パッケージソフト、の3つを用意している。また、トライアルで利用できるWeb APIと、トライアルで利用できるWebアプリケーション「トライアルWEBアプリ」も用意した。トライアルWEBアプリは、PCから音源をアップロードして使えるほか、サンプル音源も用意している。

関連キーワード

音声認識 / スワローインキュベート

関連記事

Special

-PR-

音声データから感情を突き止めるツール「音声感情認識AI」、スワローインキュベートスワローインキュベートは2019年9月11日、 音声データから感情を突き止めるツール「音声感情認識AI」を強化したと発表した。SDK(ソフトウェア開発キット)、Web API、Web上で手軽に精度検証ができる「トライアルWEBアプリ」、などを提供する。パナソニックの特許技術を活用している。

PAGE TOP