[事例ニュース]

三井住友海上あいおい生命、基幹システムのインフラ基盤刷新でNutanixを導入

2019年9月13日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三井住友海上あいおい生命保険は、基幹システムのサーバー基盤として、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「Nutanix Enterprise Cloud OS」を採用した。サーバー構築コストは、従来型のサーバーと比較して約40%削減できているという。ニュータニックス・ジャパンが2019年9月13日に発表した。

 三井住友海上あいおい生命では、基幹系業務システムのサーバー基盤の保守が数年後に切れる。サーバー基盤を刷新するにあたり、ニュータニックスのHCI製品「Nutanix Enterprise Cloud OS」を採用した。5~6年ごとのシステム更改時に大きな投資をすることなく投資の平準化できることや、導入までのリードタイムを短縮できることを評価した。

 これまで約100台の物理サーバー機を使っていた。5~6年ごとに更改が発生するため、特定の年度にコストや要員の負荷が集中していた。ストレージなどの互換性の問題から、リソースの拡張にも制約があった。サーバーとストレージが独立した構成では、サーバーの搬入からセットアップまで少なくとも数カ月を要していたという。

 三井住友海上あいおい生命は、2020年から2021年にかけて、基幹システムとコールセンターシステムの基盤を更改する。これに向けて、非同期レプリケーションの仕組みを導入し、冗長化を図った。業務の運営に必要な基幹システムを稼働させることに加えて、別途バックアップ環境としてDR(Disaster Recovery:災害復旧)サイトの展開も予定している。

●Next:新しいHCIをフロントアプリケーションレイヤでも活用

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

三井住友海上あいおい生命保険 / Nutanix / 基幹システム / ITインフラ / MS&ADシステムズ

関連記事

Special

-PR-

三井住友海上あいおい生命、基幹システムのインフラ基盤刷新でNutanixを導入三井住友海上あいおい生命保険は、基幹システムのサーバー基盤として、HCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)製品「Nutanix Enterprise Cloud OS」を採用した。サーバー構築コストは、従来型のサーバーと比較して約40%削減できているという。ニュータニックス・ジャパンが2019年9月13日に発表した。

PAGE TOP