コラボレーション コラボレーション記事一覧へ

[事例ニュース]

NECネッツエスアイ、コラボレーションツール「Slack」を全社5000人に導入

2019年9月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ネットワーク通信事業などを手がけるNECネッツエスアイは、コラボレーションツールの「Slack」を2019年9月から全社員5000人に導入する。2018年12月からシステムエンジニアと営業、販売促進部門を中心とする1300人が先行して利用していたが、今回これを全社に広げる。Slack Japanが2019年9月17日に発表した。

 NECネッツエスアイは、コラボレーションツールのSlackを全社導入する。狙いは、業務の効率化と、組織を横断した共創機会の創出としている。2018年12月から実施した1300人への先行導入において生産性が向上することを確認したことから、全社導入を決めた。

 先行導入で確認した効果の1つは、業務の効率化である。Slackと業務アプリケーション(WorkatoやWrike)を連携させることによって、現場部門から上長への報告時間を3分の1に短縮し、経費精算にかかる時間を削減した。また、SlackをZoomやBoxと連携させることによって、会議の準備を自動化・効率化した。

 先行導入で確認したもう1つの効果は、組織の壁を超えてコラボレーションできるようになったことである。Slackを各種のデバイスで活用することによって、リアルタイムに情報を共有し、ノウハウを蓄積できた。また、Slackと業務アプリケーション(Zoom、Box、Office 365など)を連携させることによって、社内外のビジネスパートナと安全に業務を遂行できる環境を実現できた。

 なお、NECネッツエスアイでは、働き方改革の一環として、複数の場所で勤務する「分散型ワーク」を提唱している。2019年10月から順次、オフィスのロケーションを移行する。業務プロセスの改善などを進めることに並行して、Slackを活用する。これにより、多様な働き方に合ったコミニュケーションを実現するとしている。

関連キーワード

NECネッツエスアイ / Slack / ビジネスチャット

関連記事

Special

-PR-

NECネッツエスアイ、コラボレーションツール「Slack」を全社5000人に導入ネットワーク通信事業などを手がけるNECネッツエスアイは、コラボレーションツールの「Slack」を2019年9月から全社員5000人に導入する。2018年12月からシステムエンジニアと営業、販売促進部門を中心とする1300人が先行して利用していたが、今回これを全社に広げる。Slack Japanが2019年9月17日に発表した。

PAGE TOP