[新製品・サービス]

山梨大学とPFN、深層学習の実践的知識を学べる高等教育向け教材を開発、PFNのサイトで公開

2019年9月26日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

山梨大学は2019年9月26日、ディープラーニング(深層学習)の実践的知識を学べる高等教育向け教材を、Preferred Networks(PFN)と共同で開発したと発表した。教材は200ページで構成し、PFNのWebサイトで後日公開する。高等教育機関(大学、高校、高専など)は、これを無償で授業に利用できる。

 教材では、PFNのディープラーニング用フレームワーク「Chainer」を用いて、教育版レゴマインドストームEV3にRaspberry Piを搭載したロボットカーを動かす。これにより、ディープラーニングを学ぶ。プログラミング言語Pythonの基礎から、ディープラーニングを用いた帰納的プログラミング、ロボットカーへの実装までを、ステップ・バイ・ステップで学べる。

写真1:山梨大学における、教材を用いた授業の様子(出典:山梨大学、Preferred Networks)写真1:山梨大学における、教材を用いた授業の様子(出典:山梨大学、Preferred Networks)
拡大画像表示

 教材は、山梨大学大学院において2019年4月に始まった研究の一環として作成。2019年7月には、山梨大学工学部2年生向けのプログラミング実習において、教材を使った授業を実施した(写真1)。

 背景には、ディープラーニングの産業界への応用が期待されているという状況がある。人材育成が喫緊の課題となっている。一方、ディープラーニングを学ぶための書籍はあるものの、これを基礎レベルから実践的に学べる教材はなく、今回開発した教材は画期的だとしている。

関連記事

Special

-PR-

山梨大学とPFN、深層学習の実践的知識を学べる高等教育向け教材を開発、PFNのサイトで公開山梨大学は2019年9月26日、ディープラーニング(深層学習)の実践的知識を学べる高等教育向け教材を、Preferred Networks(PFN)と共同で開発したと発表した。教材は200ページで構成し、PFNのWebサイトで後日公開する。高等教育機関(大学、高校、高専など)は、これを無償で授業に利用できる。

PAGE TOP