アプリケーション アプリケーション記事一覧へ

[新製品・サービス]

アール・ビー、音声認識によるテキスト化クラウドサービス「電話会議録作成支援サービス」を提供

2019年10月30日(水)IT Leaders編集部

アール・ビーは2019年10月29日、会議録作成の負担軽減を目的とした「電話会議録作成支援サービス」を開始した。音声を認識してテキスト化するクラウドサービスである。電話会議録や営業日報の作成を支援する。価格は個別見積り。

 電話会議録作成支援サービスは、音声を認識してテキスト化するクラウドサービスである。会議録作成の負担軽減を目的としている。機能は、(1)「電話会議録作成機能」と(2)「営業日報作成機能」の2つがある。

 (1)電話会議録作成機能は、電話会議を実施する機能と、音声認識によって会議音声をテキスト化する機能を提供する。ほかの事業拠点にいる場合や、在席/在宅、出張の場合でも、電話があれば場所を問わずに会議に参加できる。

 会議のための移動経費の削減、意思決定のスピードの向上、コミュニケーションの深耕、オフイスの会議室スペースの見直し、会議録作成の負担軽減など、経営効率と経済効果の向上を図れる。

 (2)営業日報作成機能は、留守番電話を利用して音声データから営業日報を作成する機能を提供する。外勤中の営業マンが商談終了後に、あらかじめ定めた要領によって留守番電話方式で音声を登録して使う。

 着信があった段階で、音声認識によって「営業日報の下書きテキスト」を作成できる。外勤中の営業マンは、接客活動に集中できる。帰社後に下書きテキストの誤認識を修正することで、営業日報が完了する。

 価格は個別見積もり。設備投資と初期費用は不要で、従量課金制で利用できる。

関連記事

Special

-PR-

アール・ビー、音声認識によるテキスト化クラウドサービス「電話会議録作成支援サービス」を提供アール・ビーは2019年10月29日、会議録作成の負担軽減を目的とした「電話会議録作成支援サービス」を開始した。音声を認識してテキスト化するクラウドサービスである。電話会議録や営業日報の作成を支援する。価格は個別見積り。

PAGE TOP