[新製品・サービス]

富士通、京後継「富岳」ベースの商用スパコン「PRIMEHPC FX1000」「同FX700」を販売

2019年11月13日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

富士通は2019年11月13日、理化学研究所と共同で開発しているスーパーコンピュータ「富岳」(「京」の後継機)の技術を活用した商用スーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX1000」および「PRIMEHPC FX700」を発表した。同日付でグローバルで販売を開始した。2020年3月から出荷する。日本での価格(税別)は、FX1000が約1億2000万円(48ノード)から、FX700が約400万円(2ノード)から。

 PRIMEHPC FX1000は、スーパーコンピュータ「富岳」(「京」の後継機)の技術を活用した、商用スーパーコンピュータである(写真1関連記事富士通、ポスト「京」スパコンの製造を開始、技術を転用した商用機は2019年度下期に販売)。特徴の1つは、幅広いユーザー層を想定し、これまでのSPARCに代わってARMアーキテクチャを採用したこと。この上で、大容量データをメモリーからCPUに高速に転送できるように、1Tバイト/秒を超える高いメモリーバンド幅を確保している。

写真1:PRIMEHPC FX1000とPRIMEHPC FX700の外観写真1:PRIMEHPC FX1000とPRIMEHPC FX700の外観

 搭載しているARMベースのCPU「A64FX」は、従来のスーパーコンピュータが得意とするシミュレーションだけでなく、ビッグデータ処理やディープラーニング(深層学習)など、幅広い分野に適応する。演算性能は、倍精度(64ビット)浮動小数点演算がピーク性能で2.7TFLOPS以上、単精度(32ビット)ではこの2倍、半精度(16ビット)では4倍。16ビット整数、8ビット整数の演算性能も強化している。

 FX1000では、ノード間を接続するインターコネクトに、富岳と同じ「TofuインターコネクトD」を採用した。ラックあたり最大384ノードを実装し、理論演算性能で最大1.3エクサFLOPSを超える大規模システムを構築できる。冷却には水冷方式を採用し、総エネルギー消費の抑制を指向した。

 下位モデル「FX700」も用意した。FX700は、インターコネクトにInfiniBandを採用している。さらに、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)のミドルウェアにオープンソース(OSS)を活用するなど、スーパーコンピュータシステムにおけるスタンダード技術をベースとしている。標準サーバラックに搭載できる筐体、空冷方式の採用などにより、導入のしやすさを指向している。

 最小構成時のノード数は、日本国内向けと海外向けで異なる。日本向けは、FX1000が最小構成48ノード、FX700が最小構成2ノードから販売する。海外向けは、FX1000が最小構成192ノード、FX700が最小構成128ノードから販売する。日本での価格(税別)は、FX1000が約1億2000万円(48ノード)から、FX700が約400万円(2ノード)から。

関連記事

Special

-PR-

富士通、京後継「富岳」ベースの商用スパコン「PRIMEHPC FX1000」「同FX700」を販売富士通は2019年11月13日、理化学研究所と共同で開発しているスーパーコンピュータ「富岳」(「京」の後継機)の技術を活用した商用スーパーコンピュータ「PRIMEHPC FX1000」および「PRIMEHPC FX700」を発表した。同日付でグローバルで販売を開始した。2020年3月から出荷する。日本での価格(税別)は、FX1000が約1億2000万円(48ノード)から、FX700が約400万円(2ノード)から。

PAGE TOP