[市場動向]

クラウドDWHの米Snowflakeが日本法人を設立、データ駆動型経営を支援

2019年11月28日(木)河原 潤(IT Leaders編集部)

クラウドベースのデータウェアハウス(DWH)製品ベンダーの米Snowflake(スノーフレイク)は2019年11月26日(米国現地時間)、同社の日本法人を東京に設立したと発表した。日本法人のカントリーマネジャーには東條英俊氏が就任し、12月1日より渋谷区にオフィスを開設する。

 米Snowflakeは、DWaaS(Data Warehousing as a Service:サービスとしてのデータウェアハウス)を掲げるクラウドベースDWHベンダー。2012年設立でベンチャー資本は約10億米ドル、資金調達後の企業価値が39億ドルに達するユニコーン企業である。本社を米カリフォルニア州サンマテオに置き、ニューヨーク、ロンドン、シドニー、シンガポールなどグローバルの主要都市に拠点を展開している。

 さまざまな業種での導入実績を持つ。現在の顧客企業は楽天、アドビシステムズ、アシックス、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントなどグローバルで2500社以上という。

 市場での評価としては、米ガートナーが2019年1月に発表した「アナリティクスのためのデータマネジメントソリューション」分野のマジッククアドラントで、Snowflakeはグローバル大手ベンダーがひしめくリーダー象限にマッピングされている(図1)。

図1:「アナリティクスのためのデータマネジメントソリューション」分野のマジッククアドラント(出典:米ガートナー)
拡大画像表示

●Next:Snowflakeの独自アーキテクチャの仕組みと導入メリット

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Snowflake / DWH / アナリティクス / データドリブン経営

関連記事

Special

-PR-

クラウドDWHの米Snowflakeが日本法人を設立、データ駆動型経営を支援クラウドベースのデータウェアハウス(DWH)製品ベンダーの米Snowflake(スノーフレイク)は2019年11月26日(米国現地時間)、同社の日本法人を東京に設立したと発表した。日本法人のカントリーマネジャーには東條英俊氏が就任し、12月1日より渋谷区にオフィスを開設する。

PAGE TOP