[事例ニュース]

ワタミ、生産管理システムをInforのクラウドERPで刷新、データドリブン経営を可能に

2019年12月5日(木)日川 佳三(IT Leaders編集部)

外食事業や宅食事業など食品事業を中心に手がけるワタミは、SCM(サプライチェーン)管理を主な目的に、食品飲料業界向けクラウド型ERP(統合基幹業務システム)の「Infor CloudSuite Food & Beverage」を導入した。業務プロセスの標準化によるデータの可視化などが狙い。2019年10月で稼働を始めた3カ所の食品工場を皮切りに、2020年2月には11カ所あるすべての食品工場で稼働させる。

写真1:ワタミで経営企画本部IT戦略部に在籍する若林繁氏写真1:ワタミ 経営企画本部IT戦略部の若林繁氏
拡大画像表示

 ワタミは従来、外食事業や宅食事業など個々の事業ごとに、それぞれ独立した基幹業務システムを、パッケージソフトウェアを活用することなく手組みで構築してきた。新たなシステムや機能が必要になったときに、システムや機能をパッチワーク的につなぎ合わせてきた。このシステムが、事業を営む上で非効率だった。

 基幹システムの刷新では、SCM(サプライチェーン管理)におけるトレーサビリティの確保や、財務会計の効率化などを開発のポイントとして定め、ERPパッケージを選定した。「実現したい機能のほとんどを標準でカバーできる」(同社、写真1)ことから、インフォアジャパンのInfor CloudSuite Food & Beverageを採用した。

 テンプレートの活用によって、短期間で本稼働させた(図1)。具体的には、契約から15カ月でSCMシステムの運用を開始した。全事業で国内11拠点ある食品工場のうち、事業別に、まずは3拠点で2019年10月に稼働させた。2020年2月には全工場で稼働させる。今後は、財務会計システムも稼働させる予定である。

図1:ワタミが構築した新基幹業務システムの全体像(出典:ワタミ)図1:ワタミが構築した新基幹業務システムの全体像(出典:ワタミ)
拡大画像表示

●Next:ワタミのデータドリブン経営の取り組み

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

ワタミ / 外食 / Infor / データドリブン経営

関連記事

Special

-PR-

ワタミ、生産管理システムをInforのクラウドERPで刷新、データドリブン経営を可能に外食事業や宅食事業など食品事業を中心に手がけるワタミは、SCM(サプライチェーン)管理を主な目的に、食品飲料業界向けクラウド型ERP(統合基幹業務システム)の「Infor CloudSuite Food & Beverage」を導入した。業務プロセスの標準化によるデータの可視化などが狙い。2019年10月で稼働を始めた3カ所の食品工場を皮切りに、2020年2月には11カ所あるすべての食品工場で稼働させる。

PAGE TOP