[事例ニュース]

ベネッセグループ、運用管理ソフト「JP1」を採用し、運用工数を2018年度に2800時間削減

2019年12月17日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ベネッセグループ各社の情報システムの運用・保守を担うベネッセインフォシェルは、システム運用管理ソフトウェア「JP1」(日立製作所製)を採用した。これにより、ベネッセグループのシステム運用業務を、2018年の1年間で2800時間削減したという。2019年は5000時間の削減を目指す。同社にJP1を導入したアシストが2019年12月17日に発表した。

 ベネッセインフォシェルは、ベネッセグループにおける情報システムの運用業務の一部を自動化した。2018年度は、14種類の業務の自動化と、2800時間の工数削減に成功した。2019年度は、自動化の対象業務を40種類に拡大し、5000時間の工数削減を目指す。

 同社はまず、ITシステムの運用を高度化するため、既存の業務を「定型・非定型」(横軸)と「年間工数」(縦軸)の2軸で分類した(図1)。これにより、自動化による効果が最も得やすい業務のスコープを特定した。定型業務で年間の工数が多い運用業務について、自動化による工数削減を試みた。

図1:既存業務の分類イメージ(出典:アシスト)図1:既存業務の分類イメージ(出典:アシスト)
拡大画像表示

 自動化による効果が最も得やすい業務を、日立製作所のIT運用自動化ソフトウェア「JP1/Automatic Operation」(JP1/AO)を使って自動化した。JP1/AOは、外部の運用ソフトウェアに対してコマンドを発行することによって、日常のIT運用や障害発生時の復旧作業といった、これまで運用手順書を見ながら手動で実施していた作業を自動化する。

 さらに、運用手順やノウハウを可視化・共有化し、運用担当者に的確な操作をナビゲートするソフトウェア「JP1/Navigation Platform」を併用。熟練者のノウハウを可視化した運用手順を、分かりやすい画面で参照できるため、確実に作業を実施できるとしている。

●Next:ベネッセグループ全社基盤の安定運用を担うベネッセインフォシェル

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

ベネッセ / 日立製作所 / アシスト / JP1

関連記事

Special

-PR-

ベネッセグループ、運用管理ソフト「JP1」を採用し、運用工数を2018年度に2800時間削減ベネッセグループ各社の情報システムの運用・保守を担うベネッセインフォシェルは、システム運用管理ソフトウェア「JP1」(日立製作所製)を採用した。これにより、ベネッセグループのシステム運用業務を、2018年の1年間で2800時間削減したという。2019年は5000時間の削減を目指す。同社にJP1を導入したアシストが2019年12月17日に発表した。

PAGE TOP