[新製品・サービス]

リチウムイオン採用で長寿命と小型化を図ったUPS、店舗などへの設置を容易に─シュナイダーエレクトリック

2019年12月18日(水)日川 佳三(IT Leaders編集部)

仏シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)の日本法人は2019年12月18日、オフィス設置向けUPS(無停電電源装置)「APC Smart-UPS」のラインアップを拡充し、同シリーズとしては初めてリチウムイオンバッテリーを採用した「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発表した。2020年1月10日に受注を開始する。価格(税別)は11万1000円。

 UPSは、突然の停電などの電源障害時に、UPSに接続しているサーバーなどの機器に一定時間電力を供給する製品である。シュナイダーエレクトリックは、オフィスなどに設置できるUPSの中ではハイエンドに位置する製品群としてAPC Smart-UPSを販売している。この他に、よりエントリークラスの製品ブランドや、データセンター専用の製品ブランドなども提供している。

 今回、オフィス向けハイエンドUPSであるAPC Smart-UPSのラインアップを拡充し、同シリーズとしては初めてリチウムイオンバッテリを採用したモデル「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」(写真1)を用意した。機器接続用のコンセントは4個。最大出力は400VA。バックアップ時間は、400VAで4分、50VAで34分など。

写真1:APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100Vの外観写真1:APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100Vの外観
拡大画像表示

 最大の特徴は、鉛蓄電池を採用した同容量帯UPSと比べて、約2倍の長寿命(最長10年)、約68%減の軽量化(約4キログラム)を実現したこと。無償保証期間も、同容量帯UPSの2年間から5年間へと延長してている(表1)。

表1:APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100Vの仕様
製品名 Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V
製品型番 SCL400RMJ1U
運転方式 常時商用運転方式
定格入力電圧 AC100V単相
最大出力容量 400VA / 400W
外形寸法 高さ44×幅432×奥行き232ミリメートル
質量 約4.0キログラム
推奨バッテリ交換時期 9.5~10年(摂氏5~25度)
価格(税別) 11万1000円

●Next:コンパクトな筐体を活かしてバックアップ対象システムを拡大

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Schneider Electric / UPS / BCP/DR

関連記事

Special

-PR-

リチウムイオン採用で長寿命と小型化を図ったUPS、店舗などへの設置を容易に─シュナイダーエレクトリック仏シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)の日本法人は2019年12月18日、オフィス設置向けUPS(無停電電源装置)「APC Smart-UPS」のラインアップを拡充し、同シリーズとしては初めてリチウムイオンバッテリーを採用した「APC Smart-UPS Lithium-ion UPS 400VA 100V」を発表した。2020年1月10日に受注を開始する。価格(税別)は11万1000円。

PAGE TOP