[事例ニュース]

auカブコム証券、アカマイのリモートアクセスサービスと標的型攻撃対策サービスを導入

2020年1月10日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社、auカブコム証券は、米Akamai Technologiesのセキュリティサービスを採用した。クラウド型リモートアクセス管理サービス「Enterprise Application Access(EAA)」と、DNSベースの標的型攻撃対策サービス「Enterprise Threat Protector(ETP)」である。アカマイ・テクノロジーズが2020年1月10日に発表した。

 auカブコム証券は、米Akamai Technologiesが提供する2つのサービスを採用した。まず、安全にリモートアクセスできる仕組みを構築するため、リモートアクセス管理サービスのEAAを採用した。さらに、マルウェアやフィッシングへの対策として、DNSベースの標的型攻撃対策サービスであるETPを採用した。

 auカブコム証券は従来、外出先からでもオフィスにいるのと同様の仕事ができるように、リモートアクセスの環境を運用してきた。しかし、リモートアクセスの安全性を確保するために利用しているVPNの運用の煩雑性やコストが課題となっていた。VPNの限界を感じたことから今回、EAAを採用した。

 EAAは、認証、認可、暗号化通信の機能を統合して提供する。EAAの導入によって、社内やパブリッククラウドへのアクセス制御を効率化できたとしている。また、クラウドへのアクセスの流れがシンプルになったことで、回線帯域のコスト、VPNハードウェアの投資コストを削減できたとしている。

 auカブコム証券はまた、セキュリティの脅威が洗練化、巧妙化する中で、マルウェアやフィッシングへの対策としてETPを導入した。米Akamai Technologiesの脅威情報サービスであるCSI(Cloud Security Intelligence)を使って、マルウェア対策を強化できた。また、危険なドメインの更新作業をクラウドで自動化したことで、運用負荷を低減した。将来的には、ETPのクライアントソフトウェアを活用したモバイルユーザーへのサイバー攻撃対策も期待しているという。

関連記事

Special

-PR-

auカブコム証券、アカマイのリモートアクセスサービスと標的型攻撃対策サービスを導入三菱UFJフィナンシャル・グループのインターネット専業の証券会社、auカブコム証券は、米Akamai Technologiesのセキュリティサービスを採用した。クラウド型リモートアクセス管理サービス「Enterprise Application Access(EAA)」と、DNSベースの標的型攻撃対策サービス「Enterprise Threat Protector(ETP)」である。アカマイ・テクノロジーズが2020年1月10日に発表した。

PAGE TOP