[新製品・サービス]

壁面設置も可能、シュナイダーエレクトリックがIoT/エッジ環境特化のマイクロデータセンターを国内提供

2020年1月17日(金)五味 明子(ITジャーナリスト/IT Leaders編集委員)

シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)が、エッジコンピューティングソリューション「EcoStruxure マイクロデータセンター」の国内提供を2020年1月24日から開始する。海外では2019年10月より提供済みで、6Uラックに電源、物理セキュリティ、リモート監視サービスなどを統合したエッジコンピューティング向けのITインフラソリューション。特徴として、壁掛けも可能な6Uラックサイズや、アライアンスパートナーと設計したリファレンスアーキテクチャなどの特徴で、ユーザーの多様なIoT/エッジのニーズに応えるとしている。

設置場所を問わない6Uラックサイズ規格

 「EcoStruxure」は、シュナイダーエレクトリックがグローバルで展開するIoT/エッジコンピューティングの製品ブランドである。シュナイダーの主力事業であるエネルギー/ビルディングマネジメント領域の顧客を中心に、すでに48万を超えるサイトで展開されているという。UPSや物理セキュリティ、空調といったデータセンターソリューション事業においても、エッジコンピューティング時代のニーズに応える製品群をEcoStruxureブランドで提供している。

 エッジコンピューティングについては、ここ1、2年、クラウドとの連携をメインに語られることが多いが、シュナイダーの場合、一般的なデータセンターに備わる機能をコンパクトに集約したマイクロデータセンターとしてパッケージし、オフィスフロア、工場、物流センター、油田など、これまでデータセンターの設置が難しかった現場での展開を可能にし、顧客のエッジ環境への取り組みを支援してきた。

 今回、国内提供が始まる「EcoStruxure マイクロデータセンター」(写真1)は、これまでの取り組みの最新形となる。6Uサイズのラック新製品「NetShelter WX 6U Low-Profile Wall Mount Enclosure」に、UPS(無停電電源装置)、PDU(配電装置)、物理セキュリティ、クラウドベースのリモート監視サービス、保守/運用サービスなどをユーザーの利用形態に応じて構成する。

写真1:6Uラックサイズ規格でさまざまなスペースに設置可能なEcoStruxure マイクロデータセンター(出典:シュナイダーエレクトリック)
拡大画像表示

 ラックのサイズは幅353mm・奥行968mm、耐荷重は113kgで、ラック内には一般的なフルサイズのラックマウントサーバーも設置可能となっている。また、床面(キャスター対応)だけでなく壁面にも設置でき、工場や店舗といったスペース制約のある場所にも設置が可能だ(写真2)。

写真2:壁面設置の方法。左から組み立て→取り付け→設置完了のステップとなる(出典:シュナイダーエレクトリック)

■EcoStruxure マイクロデータセンター構成例
・ラック「NetShelter WX 6U Low-Profile Wall Mount Enclosure」
・リチウムイオンUPS「Smart-UPS Lithium-ion」(写真3・4
・配電(ラックマウントPDU)「AP7900B」
・物理セキュリティ「NetaBotzシリーズ」(注1
・監視サービス「EcoStruxure IT Expert」
・保守サービス「EcoStruxure Asset Advisor」

写真3:新開発のラック「NetShelter WX 6U」。左側にリチウムイオン電池採用の「Smart-UPS Lithium-ion」UPSが見える。10年間電池交換なしで利用でき、重量は従来比で68%減という。これとは別に-10℃~55℃の幅広い条件をサポートする「SecureUPS Online」も利用可能
拡大画像表示
写真4:前面パネルは容易に取り外せる。ダストフィルターを装備しており、吸い込まれたダストは背面のファンから排出される
拡大画像表示

注1:物理セキュリティの「NetBotz」が侵入者や災害などあらゆる物理的脅威からマイクロデータセンターを保護するとしている

●Next:パートナーと設計した「リファレンスアーキテクチャ」がもたらすもの

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
  • 1
  • 2
関連キーワード

Schneider Electric / ITインフラ / マネージドサービス

関連記事

Special

-PR-

壁面設置も可能、シュナイダーエレクトリックがIoT/エッジ環境特化のマイクロデータセンターを国内提供シュナイダーエレクトリック(Schneider Electric)が、エッジコンピューティングソリューション「EcoStruxure マイクロデータセンター」の国内提供を2020年1月24日から開始する。海外では2019年10月より提供済みで、6Uラックに電源、物理セキュリティ、リモート監視サービスなどを統合したエッジコンピューティング向けのITインフラソリューション。特徴として、壁掛けも可能な6Uラックサイズや、アライアンスパートナーと設計したリファレンスアーキテクチャなどの特徴で、ユーザーの多様なIoT/エッジのニーズに応えるとしている。

PAGE TOP