[事例ニュース]

ソニー銀行、財務会計システムを2019年秋にAWSで稼働、将来は勘定系全般をクラウドネイティブ化

2020年1月20日(月)日川 佳三(IT Leaders編集部)

ソニー銀行は2020年1月20日、アマゾンウェブサービスジャパンが開催した記者会見に登壇し、勘定系を含めた情報システム全般をクラウドに移行する方針を説明した。将来的には、コンテナやマイクロサービスなどのクラウドネイティブ技術を使った次世代勘定系システムを稼働させる。すでに、2019年秋に勘定系の一部である財務会計システムをAWS(Amazon Web Services)上で稼働済み。2020年夏には、まずは銀行業務の端末を全面的にDaaS化する。

写真1:ソニー銀行で執行役員(システム企画部、システム開発部、システム管理部担当)を務める福嶋達也氏(写真左)と、アマゾンウェブサービスジャパン代表取締役社長の長﨑忠雄氏(写真右)写真1:ソニー銀行で執行役員(システム企画部、システム開発部、システム管理部担当)を務める福嶋達也氏(写真左)と、アマゾンウェブサービスジャパン代表取締役社長の長﨑忠雄氏(写真右)
拡大画像表示

 ソニー銀行は2019年秋、勘定系システムの一部をAWS上での稼働を開始した。クラウドに映したのは総勘定元帳を管理する財務会計システムである。

 それまで手組みで構築していたシステムをERP(統合基幹業務システム)パッケージソフトウェア「Oracle E-Business Suite」(Oracle EBS)に置き換え、これをAWSの仮想サーバーに載せた。システムはAWS東京リージョンで動作させており、これをAWS大阪ローカルリージョンでバックアップしている。

 勘定系を除いた周辺システムや社内情報系システムについては、2013年冬からAWSを利用しており、2019年秋に、AWSへの移行を全面的に完了したかたちだ。今回稼働開始した財務会計システムは、ソニー銀行にとって、勘定系システムをAWSに載せた第1弾のシステムになる。仮想サーバーのバックアップサイトとして、2018年にAWS大阪ローカルリージョンを利用できるようになったことを受けて、AWSに載せた。

 ソニー銀行によると、2013年にAWSを使い始めた当初から、勘定系システムでもAWSを使いたいと考えていたという。「勘定系が求める可用性を確保するため、東京と大阪の2拠点化が必要だと、AWSに対して声を上げてきた」と、ソニー銀行で執行役員(システム企画部、システム開発部、システム管理部担当)を務める福嶋達也氏は振り返る(写真1図1)。

図1:ソニー銀行は、勘定系システムが求める可用性を確保するため、AWSを東京と大阪のマルチリージョンで使えるようにAWSに要望を上げていた。2018年に大阪ローカルリージョンが利用可能になったことを受けて、2019年秋に勘定系の一部である財務会計システムをAWS上で稼働させた(出典:ソニー銀行)図1:ソニー銀行は、勘定系システムが求める可用性を確保するため、AWSを東京と大阪のマルチリージョンで使えるようにAWSに要望を上げていた。2018年に大阪ローカルリージョンが利用可能になったことを受けて、2019年秋に勘定系の一部である財務会計システムをAWS上で稼働させた(出典:ソニー銀行)
拡大画像表示

 AWSは、2018年から大阪でローカルリージョンを提供してきた。2021年初頭には、大阪ローカルリージョンを拡張し、これまで1つしかなかったアベイラビリティゾーン(データセンター)を3つに増やす。これにより、大阪においても東京リージョンと同様のスタンダードなAWS国内リージョンからサービスを提供できるようにする。例えば、仮想サーバーのバックアップだけでなく、コンテナやマイクロサービスなどのクラウドネイティブ技術を東京と大阪のマルチリージョン体制で利用できるようになる。

●Next:勘定系システムをクライドネイティブ化するための要件

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

AWS / ソニー銀行 / 金融 / 財務会計 / 基幹システム / クラウドネイティブ

関連記事

Special

-PR-

ソニー銀行、財務会計システムを2019年秋にAWSで稼働、将来は勘定系全般をクラウドネイティブ化ソニー銀行は2020年1月20日、アマゾンウェブサービスジャパンが開催した記者会見に登壇し、勘定系を含めた情報システム全般をクラウドに移行する方針を説明した。将来的には、コンテナやマイクロサービスなどのクラウドネイティブ技術を使った次世代勘定系システムを稼働させる。すでに、2019年秋に勘定系の一部である財務会計システムをAWS(Amazon Web Services)上で稼働済み。2020年夏には、まずは銀行業務の端末を全面的にDaaS化する。

PAGE TOP