[市場動向]

オリックス・レンテックとNEC、ロボットシステムインテグレーター事業で協業

2020年1月21日(火)IT Leaders編集部

オリックス・レンテック、NEC、NECプラットフォームズの3社は2020年1月20日、企業におけるロボット導入を支援するため、ロボットシステムインテグレーター事業で協業すると発表した。導入コンサルから稼働分析まで、生産ラインの自動化を支援する。

 オリックス・レンテックは、次世代ロボットレンタルサービス「RoboRen」を2016年から提供している。製造業や物流業など、幅広い業界の企業に対して、ロボットの導入を支援している。

 NECは、NECプラットフォームズが自社工場で得たロボット導入のノウハウを活かし、「ロボット導入トータルサポートパッケージ」を提供している。ロボットを導入するコンサルティング、システムの構築、ロボット稼働状況の見える化・分析を行うITサービスまでを包括的に支援するサービスである。

図1:オリックス・レンテックとNECがロボットシステムインテグレータ事業で協業する(出典:オリックス・レンテック、NEC、NECプラットフォームズ)図1:オリックス・レンテックとNECがロボットシステムインテグレータ事業で協業する(出典:オリックス・レンテック、NEC、NECプラットフォームズ)
拡大画像表示

 今回、オリックス・レンテックとNECが協業した。初期投資負担を軽減しながら、ロボットの活用を総合的に提案するとしている。多様化する要望に対応できる体制を整え、ロボット導入を支援する。また、すでにロボットを導入しているユーザーに対しても、ITサービスを提供する(図1)。

 背景には、労働力不足への対応や生産性の向上に向けて協働ロボットを活用した生産ラインの自動化に期待が寄せられていることがある。富士経済は、2025年には2018年比7.2倍の850億円規模になると推測している。一方で、ロボットの選定や既存生産ラインの再設計、導入効果の測定などを自社のみで行うことは容易ではなく、ロボット普及の課題となっているという。

関連キーワード

オリックス・レンテック / NEC / SIer

関連記事

Special

-PR-

オリックス・レンテックとNEC、ロボットシステムインテグレーター事業で協業オリックス・レンテック、NEC、NECプラットフォームズの3社は2020年1月20日、企業におけるロボット導入を支援するため、ロボットシステムインテグレーター事業で協業すると発表した。導入コンサルから稼働分析まで、生産ラインの自動化を支援する。

PAGE TOP