[新製品・サービス]

アグレックス、顧客情報を活用した次世代コンタクトセンターの構築サービスを開始

Amazon ConnectとSalesforce Sales Cloudで構成

2020年2月21日(金)日川 佳三(IT Leaders編集部)

アグレックスは2020年2月17日、「Amazon Connect」と「Salesforce Service Cloud」を組み合わせてコンタクトセンターシステムを構築するサービスを開始した。CRM(顧客関係管理)で管理している顧客情報を利用した対応などが可能になる。システム構築から運用までをワンストップで支援する。

 顧客情報を活用したコンタクトセンターシステムを構築する。具体的には、クラウド型のコンタクトセンターであるAmazon Connectを、クラウド型の顧客サポートアプリケーションであるSalesforce Service Cloudと組み合わせて導入する。

 Amazon Connectは、クラウド型のコンタクトセンターサービスである。Webブラウザ画面上で、コールフローやユーザーなどを設定できる。専門知識がなくても、直感的な操作でコンタクトセンターを構築できる、としている。

 Salesforce Service Cloudを組み合わせることで、コンタクトセンターの顧客対応に、蓄積した顧客情報を利用できるようになる。また、Amazon Connectの音声チャネルを、チャット、電子メール、SMSといったSalesforce Service Cloudの各種チャネルと連携させられる。

 なお、アグレックスは、音声マイニングサービス(音声認識+テキストマイニング)や、AIチャットボットの導入支援サービスも提供している。これらとコンタクトセンターを連携させることで、顧客体験を向上させられる。

関連キーワード

アグレックス / Amazon Connect / Salesforce Service Cloud

関連記事

Special

-PR-

アグレックス、顧客情報を活用した次世代コンタクトセンターの構築サービスを開始アグレックスは2020年2月17日、「Amazon Connect」と「Salesforce Service Cloud」を組み合わせてコンタクトセンターシステムを構築するサービスを開始した。CRM(顧客関係管理)で管理している顧客情報を利用した対応などが可能になる。システム構築から運用までをワンストップで支援する。

PAGE TOP