データマネジメント データマネジメント記事一覧へ

[市場動向]

三井住友フィナンシャルグループが大賞に、専任組織の主導でデータ管理基盤を全面刷新─JDMCデータマネジメント受賞企業

2020年3月5日開催「データマネジメント2020」で受賞企業のキーパーソンが取り組みを披露

2020年2月25日(火)IT Leaders編集部

日本データマネジメントコンソーシアム(JDMC)は2020年2月21日、2020年データマネジメント賞の受賞企業を発表した。同賞は、データマネジメントにおいて、他の模範となる活動を実践している企業・機関をJDMCが選定し、表彰するアワードプログラムである。2020年の大賞は三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が受賞。専任チームの主導でデータ管理基盤の全面刷新を敢行したSMFGの取り組みが評価された。同グループを含む受賞企業4組が2020年3月5日開催「データマネジメント2020」で受賞企業のキーパーソンが講演を行う(※)。 ※編集部より:新型コロナウイルス感染防止の観点から、同コンファレンスの会場での開催は中止とし、セッションのライブWeb配信を行います。詳しくはイベントサイトをご覧ください。(2020/3/2 13:00)

 日本データマネジメントコンソーシアム(JDMC)はデータマネジメント賞の選定・授与を2014年から実施しており、今回が7回目となる。2020年のデータマネジメント賞の受賞企業は表1のとおりである。

表1:データマネジメント受賞企業一覧(出典:JDMC)
大賞 三井住友フィナンシャルグループ
特別賞 トヨタシステムズ/富士通
データプライバシー賞 NTTドコモ
先端技術活用賞 カシオ計算機/山形カシオ
アナリティクス賞 デンソー
ルネサンス

 データマネジメント活動において、特筆すべき取り組み、成果を出した企業・機関を表彰する「データマネジメント大賞」を、三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が受賞した。

 SMFGのような大企業の場合、事業部門や地域ごとに複数の業務システムがあり、部門・拠点をまたいで正確な取引情報を収集し、顧客にタイムリーな提案を行うことが難しくなっている。同グループはこの課題を解決するために、情報系システムの高度化と並行して、データマネジメントの刷新に取り組んだ。

 2016年4月に専門部署として設置したデータマネジメント部が、管理するデータ構造の見直しや標準化、管理コード体系の刷新、データの定義・用途を明確にして発生源まで遡ることができる「データ辞書」の作成などを実施。これにより、顧客の部門や事業拠点を横断して取引状況を全体として把握できるようになるなど、顧客ごとにグローバルな目線で最適な提案・取引ができる体制の整備につながった。併せて、グループにおける管理会計の高度化・標準化にも寄与している。

 「既存の賞の枠組みにとらわれない、卓越したデータマネジメントの取り組み」(JDMC)に対して授与する「特別賞」は、トヨタグループの情報システムを担うトヨタシステムズと協力会社の富士通が受賞した。多くの企業にとっての喫緊の課題である基幹システム群のモダナイゼーションにあたって、各システムが管理するデータからシステム機能の要・不要を示すという方法で棚卸しを行い、既存システム機能の大幅削減を行った。この現場の納得感を得やすい、ありそうでなかったアプローチが評価されての受賞となった。

 個人情報保護に対して顕著な成果、またはすぐれた取り組みを行っている企業に対して授与する「データプライバシー賞」は、顧客視点によるパーソナルデータ保護方針の策定と公開を行ったNTTドコモが受賞した。

 先進的な理論や技術をいち早く試み、他の模範となる取り組みを行っている企業に授与する「先端技術活用賞」は、IoTとAIを実用化しいち早く生産ライン、品質検査の自動化に組み込んだカシオ計算機/山形カシオ(関連記事自社開発のAI/IoTを武器に─カシオ計算機が挑む生産ラインの自動化)が受賞した。

 膨大なデータを分析し、実際のビジネスの現場で多大な成果を上げた企業に授与する「アナリティクス賞」は、国内・グローバルで利活用できる分析基盤を構築したデンソーと、スポーツクラブや介護施設の会員満足度向上に向けてスタッフの行動情報の可視化、分析に取り組んだルネサンスが受賞した。

 なお、受賞企業のうち、SMFG、トヨタシステムズ/富士通、カシオ計算機/山形カシオ、デンソーの4組は、2020年3月5日にJDMCが開催する年次コンファレンス「データマネジメント2020において、詳しい取り組み内容を各社のキーパーソンみずからが紹介する()。

新型コロナウイルス感染防止の観点から、同コンファレンスの会場での開催は中止とし、セッションのライブWeb配信を行います。詳しくは上記イベントサイトをご覧ください。(2020/3/2 13:00)


●編集部より
 本誌では、データマネジメント2020のセッションレポートをはじめ、データドリブン経営やデータマネジメント施策にまつわる解説記事やユーザー事例記事、ニュース記事を[特集]DXの要諦、データドリブン経営のすべてに集約して掲載しています。ぜひ、本特集をお読みいただき、この分野の最新動向をつかんでいただければ幸いです。

[特集]DXの要諦、データドリブン経営のすべて
関連キーワード

JDMC / 三井住友フィナンシャルグループ / デンソー / カシオ計算機 / NTTドコモ / ルネサンス / トヨタシステムズ

関連記事

Special

-PR-

三井住友フィナンシャルグループが大賞に、専任組織の主導でデータ管理基盤を全面刷新─JDMCデータマネジメント受賞企業日本データマネジメントコンソーシアム(JDMC)は2020年2月21日、2020年データマネジメント賞の受賞企業を発表した。同賞は、データマネジメントにおいて、他の模範となる活動を実践している企業・機関をJDMCが選定し、表彰するアワードプログラムである。2020年の大賞は三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が受賞。専任チームの主導でデータ管理基盤の全面刷新を敢行したSMFGの取り組みが評価された。同グループを含む受賞企業4組が2020年3月5日開催「データマネジメント2020」で受賞企業のキーパーソンが講演を行う(※)。 ※編集部より:新型コロナウイルス感染防止の観点から、同コンファレンスの会場での開催は中止とし、セッションのライブWeb配信を行います。詳しくはイベントサイトをご覧ください。(2020/3/2 13:00)

PAGE TOP