ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

アカマイ、テレワーク/在宅勤務支援でクラウド型リモートアクセス環境を90日間無償提供

2020年2月25日(火)日川 佳三(IT Leaders編集部)

米Akamai Technologiesの日本法人アカマイ・テクノロジーズは2020年2月25日、リモートアクセス環境をクラウド型で提供するサービス「Enterprise Application Access」(EAA)を90日間無償で利用できる「テレワーク支援プログラム」を発表した。昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況から在宅勤務やテレワークを導入する企業・組織を支援する。導入は容易で、Webポータルを介して数分で導入が完了するとしている。

 「Enterprise Application Access(EAA)」は、インターネットを介して社内LANにリモートアクセスするための環境をクラウド型で提供するサービスである。アカマイ・テクノロジーズがクラウド上に用意したプロキシサーバーを介して、ユーザー企業の社内LANにアクセスする形になる。

 ユーザー企業側に設置した専用ソフトウェアから、ファイアウォールを通じてクラウドにトンネルを張る。このトンネルを介して、社内にアクセスする。クラウドへの接続はHTTPSと同じTCP/443ポートなので、一般的な設定のファイアウォールであれば、設定を変更することなく利用できる。

 社外のエンドユーザーは、Webブラウザを使ってクラウド上のEAAにアクセスし、ユーザー認証を受ける。これにより、SSO(シングルサインオン)型で、社内のアプリケーションにアクセスできるようになる。ユーザー認証後は、Web型のアプリケーションだけでなく、任意のTCP/IPクライアントアプリケーションを利用できる。

 今回、EAAを最大で90日間無償で利用できるプログラム「テレワーク支援プログラム」を用意した。背景に、新型コロナウイルスの感染拡大を防止する目的などで、在宅勤務やテレワークなどを実施する企業が増えている状況がある。

 アカマイ・テクノロジーズによると、EAAの導入企業は、auカブコム証券、エイチ・アイ・エス、LIXILなどである。

関連キーワード

Akamai / BCP / テレワーク / リモートアクセス / 在宅勤務 / 災害対策 / パンデミック

関連記事

Special

-PR-

アカマイ、テレワーク/在宅勤務支援でクラウド型リモートアクセス環境を90日間無償提供米Akamai Technologiesの日本法人アカマイ・テクノロジーズは2020年2月25日、リモートアクセス環境をクラウド型で提供するサービス「Enterprise Application Access」(EAA)を90日間無償で利用できる「テレワーク支援プログラム」を発表した。昨今の新型コロナウイルス感染拡大の状況から在宅勤務やテレワークを導入する企業・組織を支援する。導入は容易で、Webポータルを介して数分で導入が完了するとしている。

PAGE TOP