[事例ニュース]

セブン-イレブン実験店舗で顔認証決済やサイネージ視聴時間測定の実証を開始

2020年3月16日(月)IT Leaders編集部

セブン-イレブン・ジャパンは、2019年12月にリニューアルオープンした実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)において、顔認証決済の実証と、サイネージの視聴時間を測定する実証を開始する。これらの技術を提供したNECが2020年3月13日に発表した。

 セブン-イレブン・ジャパンは2020年3月16日から、セブン-イレブン社員向けに顔認証決済の実証を開始する(写真1)。利用者はあらかじめ専用端末を用いて、顔画像とクレジットカード情報、確認用コードを登録する。これにより、セルフレジでの支払い時に、顔と確認用コードの2要素認証による決済を可能にする。

図1:顔認証決済の様子(出典:NEC)図1:顔認証決済の様子(出典:NEC)

 顔認証技術には、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を活用した。2020年5月中旬からは、店舗内にある商品案内用サイネージの視聴時間を測定する実証を開始する。離れた場所から人の視線の向きを検知する「遠隔視線推定技術」を活用する。

 商品案内用サイネージに設置したカメラ映像から人の視線を検知し、映像から推定した年齢・性別ごとにサイネージの視聴時間を可視化する。これにより、商品案内の注目度などの効果測定を支援する。なお、カメラ映像データは即時に破棄し、個人を特定できる情報を保存することはない。

関連キーワード

NEC / セブン-イレブン / セブン&アイ・ホールディングス / 顔認証 / 2段階認証 / 小売

関連記事

Special

-PR-

セブン-イレブン実験店舗で顔認証決済やサイネージ視聴時間測定の実証を開始セブン-イレブン・ジャパンは、2019年12月にリニューアルオープンした実験店舗「セブン-イレブン麹町駅前店」(東京都千代田区)において、顔認証決済の実証と、サイネージの視聴時間を測定する実証を開始する。これらの技術を提供したNECが2020年3月13日に発表した。

PAGE TOP