[新製品・サービス]

NTTドコモ、同社通信網内に構築したIaaS「ドコモオープンイノベーションクラウド」を発表

2020年3月19日(木)IT Leaders編集部

NTTドコモは2020年3月18日、同社ネットワーク網内に構築したIaaS型クラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」を同年3月25日から提供すると発表した。また、同クラウドと直接接続するサービス「クラウドダイレクト」を5月下旬以降に提供する。

 「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、ドコモ網内の設備に構築したIaaS型クラウドサービスである(図1)。ドコモ網を利用する端末から低遅延かつ高セキュリティで利用できる。これまで「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加するパートナー向けにトライアル環境を提供し、33社と技術検証を進めてきた。

図1:ドコモオープンイノベーションクラウドの概要(出典:NTTドコモ)図1:ドコモオープンイノベーションクラウドの概要(出典:NTTドコモ)
拡大画像表示

 2020年3月25日に、東京拠点を開設する。ドコモが開発した画像認識APIや、ドコモおよびパートナーが提供する映像伝送、VR/ARなどの11種類のサービスを順次提供する。サービスは、順次拡大する。

 2020年5月下旬以降には、クラウドに専用線で直接接続できる「クラウドダイレクト」サービスを提供する。これにあわせて、神奈川、大阪、大分拠点を開設し、全国4拠点で運用する。

 複数の拠点を申し込むことで、接続先の拠点を柔軟に変更可能な「ネットワーク・オン・デマンド機能」を利用できる。これにより、低遅延なクラウドコンピューティングサービスを利用できる。

 価格(税別)は、仮想マシンインスタンスの料金が、東京で月額4000円から。東京以外の拠点の料金とクラウドダイレクトの料金については、2020年5月下旬以降に発表する。

 なお、ドコモオープンイノベーションクラウドの提供開始に合わせ、これまで「ドコモ・クラウド基盤」として提供してきたサービスを、ドコモオープンイノベーションクラウドに統合する。

関連キーワード

NTTドコモ / IaaS

関連記事

Special

-PR-

NTTドコモ、同社通信網内に構築したIaaS「ドコモオープンイノベーションクラウド」を発表NTTドコモは2020年3月18日、同社ネットワーク網内に構築したIaaS型クラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」を同年3月25日から提供すると発表した。また、同クラウドと直接接続するサービス「クラウドダイレクト」を5月下旬以降に提供する。

PAGE TOP