[新製品・サービス]

日立、コミュニケーションロボット「EMIEW」を事業化、ビルの受付や巡回監視などを支援

2020年3月27日(金)IT Leaders編集部

日立製作所と日立ビルシステムは2020年3月26日、コミュニケーションロボット「EMIEW(エミュー)」を事業化すると発表した。ビルにおいて、受付・案内・巡回監視などのサービスを提供する。オフィスや病院、福祉施設などを中心に、同年4月20日に国内で販売開始する。ヒューマノイド型の新モデル「EMIEW4」と卓上型の「EMIEW-TT」をラインアップする。価格はいずれも個別見積りとなっている。

 日立製作所と日立ビルシステムはこれまで、2016年4月に開発したコミュニケーションロボット「EMIEW3」と、リモートブレイン構成(リアルタイム性が要求される処理は本体側で行い、ほかの処理は外部システムで担うシステム構成)を採用したロボットIT基盤を用いて、受付・接客対応などの実証実験、サービス導入を進めてきた。

 EMIEW4は、これまでの取り組みの知見に基づき、稼働時間や移動性能などの実用性能を向上した新モデルである(写真1)。広範囲を自律走行できる移動性能、多言語での音声対話機能、バッテリ交換なしでの連続稼働を可能にする自動充電機能などに特徴がある。

写真1:オフィス受付でのサービスイメージ(出典:日立製作所)写真1:オフィス受付でのサービスイメージ(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 例えば、オフィスや病院、福祉施設で、昼間は受付・案内業務、夜間は巡回監視業務を担うなど、時間帯に応じた業務を休まず行うことが可能である(写真2)。これにより、人手不足解消を支援する。

写真2:オフィスの巡回監視業務での残業者への声掛けイメージ(出典:日立製作所)写真2:オフィスの巡回監視業務での残業者への声掛けイメージ(出典:日立製作所)
拡大画像表示

 EMIEWはまた、ロボットIT基盤を通じて、エレベーターやセキュリティ機器などのビル設備と連携できる。将来的には、EMIEWが取得したビル内データを活用することによって、ビル設備管理の効率向上を図ったり、EMIEWに話しかけることでエレベーターを呼び出せるようにしたりする考えである。

 なお、2018年10月に開発したEMIEW-TTは、対話機能のみが必要な顧客向けに提供する。

関連キーワード

コミュニケーションロボット / 日立製作所 / 日立ビルシステム

関連記事

Special

-PR-

日立、コミュニケーションロボット「EMIEW」を事業化、ビルの受付や巡回監視などを支援日立製作所と日立ビルシステムは2020年3月26日、コミュニケーションロボット「EMIEW(エミュー)」を事業化すると発表した。ビルにおいて、受付・案内・巡回監視などのサービスを提供する。オフィスや病院、福祉施設などを中心に、同年4月20日に国内で販売開始する。ヒューマノイド型の新モデル「EMIEW4」と卓上型の「EMIEW-TT」をラインアップする。価格はいずれも個別見積りとなっている。

PAGE TOP