[インタビュー]

「COBOLアプリケーションは競争優位の固まりだ」―英マイクロフォーカスのCTO

英マイクロフォーカス CTO スチュワート・マギル(Stuart McGill)氏

2009年12月18日(金)田口 潤(IT Leaders編集部)

いまや話題に上ることが少なくなったCOBOL言語だが、まだいくつものアドバンテージがあると主張する。その実態はどういうものかCOBOL専業ベンダーである英マイクロフォーカスのCTOに聞いた。(聞き手:IT Leaders 編集長 田口潤)

 「COBOLは廃れるどころか、今も多くの企業で使われている。競争優位を実現するアプリケーションの多くがCOBOLで書かれているからだ。今後も、他の言語と並んでCOBOLは使われるだろう」――。COBOL専業ベンダー大手の英マイクロフォーカスでCTOを務めるStuart McGill(スチュワート・マギル)氏はこう語る(写真1)。

写真1:英マイクロフォーカスでCTOを務めるスチュワート・マギル氏

 そうは言っても、COBOLへの関心は低く、プログラミング言語で話題になるのはRubyやPerlなどのライトウェイト言語。McGill氏が、そう語る論拠は何なのか。COBOLを取り巻く状況は、どうなっているのか? 一問一答を以下に示す。

――COBOLは1959年に開発され、2009年に50周年を迎えた、最もロングライフのプログラミング言語だ。しかしPerlやRubyなどの言語に比べると、ほとんど目立たない存在でもある。COBOLへの需要は、今やそれほどないのではと考えられるがどうか。

 それに関しては2つのことをお話したい。1つは、COBOLプログラマーの人数は全世界で200万人と推計されており、これは何年も大きく変わっていないことだ。確かに米国や欧州、それに日本では減っているかも知れない。しかしインドや中国、そして東南アジアでの増加が補っている。例えばインドには、現在50万人のCOBOLプログラマーがいる。

 2つめは、COBOLアプリケーションが重要であるという認識が高まっていることが挙げられる。ITがビジネスの中枢に近づくにつれ、企業の競争優位を実現するアプリケーションの重要性が高まっている。そうしたアプリケーションは、実はCOBOLで書かれたものが多いのだ。ユーザーはゼロから再構築することに関心はない。

 一方、技術的な観点で、別の話をしておきたい。企業では情報システムのユーザーインタフェースをWebに統一したいというニーズが強くある。実は、COBOLのアーキテクチャは、そうしたニーズに適合する。こういうと我田引水に思われるかも知れないが、(我々のパートナーであるマイクロソフトも昔開発した)C++のアプリケーションをWeb対応にするより、COBOLアプリケーションをそうする方が簡単だと言っている。

 実はこれは秘密でも何でもなく、COBOLはプログラムロジックの部分と、外部インタフェースが明確に分かれていることから来ている。COBOLアプリケーションは、Web技術に対応しているのだ。

――2番めの点について聞きたい。競争力に直結するCOBOLアプリケーションもあるだろうが、そうでないアプリケーションも少なからず存在するのではないか。

 その通りだ。しかし現在も稼働しているCOBOLアプリケーションは、それが必要だから捨てられずに稼働していることを、理解してほしい。我々自身、どんなCOBOLアプリケーションであっても死守しようと訴えているわけではなく、パッケージソフトなどで置き換え可能なものもあることは承知している。

 一方で長年利用され、保守されてきたアプリケーションには価値があることも確かだ。そこで我々は「アプリケーションモダナイゼーション」を提唱している。つまり、まず既存のCOBOLアプリを、そのままオープン環境に移行する。その際、ユーザーインタフェースをWeb対応に変更する。

 我々が提供するツールを使えば、その過程で必要不可欠なアプリケーションとそうでないアプリケーションを把握できる。後者は捨てるか、パッケージで置き換えればいい。だが、そういったことをせずに、すべてをパッケージで置き換えたり捨ててしまうと、何が不可欠なロジックだったのかが分からなくなってしまう。ERPパッケージですべてを置き換えることを想像して欲しい。それでも業務継続は可能だが、強みを失ってしまうことを覚悟しなければならないだろう。

――今の話がメインフレームベースで保有コストが嵩むレガシーシステムをオープン化する時、ERPパッケージなどではなく、COBOLのままマイグレーションすべきだとする理由か?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
関連キーワード

Micro Focus / レガシーマイグレーション / モダナイゼーション / COBOL / メインフレーム

関連記事

Special

-PR-

「COBOLアプリケーションは競争優位の固まりだ」―英マイクロフォーカスのCTOいまや話題に上ることが少なくなったCOBOL言語だが、まだいくつものアドバンテージがあると主張する。その実態はどういうものかCOBOL専業ベンダーである英マイクロフォーカスのCTOに聞いた。(聞き手:IT Leaders 編集長 田口潤)

PAGE TOP