[市場動向]

Amazon、Google、Microsoft、Salesforce、メガクラウドベンダーの最新動向を総まとめ

2012年6月5日(火)

自前では実現困難なサービスも登場 最新サービスを知り競争力につなげる IaaSやPaaSといった従来枠を超えたクラウドサービスが続々と登場している。ビッグデータ処理、HPC環境、機械学習…。企業が単独で用意するのは敷居が高いコンピューティング基盤を、手軽に手中にできる。「クラウドだからこそ」の世界を知り、競争力につなげる知恵が欠かせない。 力竹尚子 / 折川忠弘[編集部]

2012年に入って、大手クラウドベンダーの動きがスピードを増している(図)。Amazon Web Services(AWS)はデータベース・アズ・ア・サービスの「DynamoDB」をはじめ数々の新サービスを発表。Salesforce.comも、クラウド型ヘルプデスク「Desk.com」やソーシャル型人事評価アプリケーション「Rypple」の提供を開始した。加えて、Googleが「Apps Vault」を開始。コンプライアンス強化サービスに乗り出した。

新規参入も続いている。3月には、NTTコミュニケーションズがパブリッククラウドサービスに参入。「Amazon対抗」を強く意識した料金設定で耳目を集めた。

一方、企業のクラウド利用はもはや必然である。クラウドでなければできないことが目の前にある。例えばGIS(地理情報システム)だ。

企業が保有する様々な住所データを、地図上にマッピングする。こう言うと簡単そうに聞こえるが、従来は“行うは難し”だった。地図データや専用システムの購入に、多額のコストがかかるからである。ところが、Googleがその常識をくつがえした。同社が保有する世界中の地図コンテンツを企業が自社サイトに埋め込めんだり、そこに住所情報を重ね合わせるサービスをAPI経由で利用可能にしたのだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連記事

Amazon、Google、Microsoft、Salesforce、メガクラウドベンダーの最新動向を総まとめ自前では実現困難なサービスも登場 最新サービスを知り競争力につなげる IaaSやPaaSといった従来枠を超えたクラウドサービスが続々と登場している。ビッグデータ処理、HPC環境、機械学習…。企業が単独で用意するのは敷居が高いコンピューティング基盤を、手軽に手中にできる。「クラウドだからこそ」の世界を知り、競争力につなげる知恵が欠かせない。 力竹尚子 / 折川忠弘[編集部]

PAGE TOP