[市場動向]

オンプレミスとの連携こそがクラウド活用の現実解~Microsoft

2012年6月19日(火)

オンプレミスとの連携に向けた機能強化 Office 365などのSaaSも拡充 オンプレミスとクラウドの連携を想定した機能を揃える点が「Winodws Azure Platform」の特徴だ。オンプレミスのサーバーやストレージにアクセスするようにAzureのリソースを利用する、使い慣れた「Visual Studio」を使ってAzure向けアプリケーションを開発する。こうした用途を提起するための機能強化を図る。

例えば仮想マシンの1つである「VMロール」は、Windows Server上で稼働するアプリケーションを展開でき、アプリケーションを容易にクラウドへ移行するのに役立つ。仮想ネットワーク「Windows Azure Connect」を利用すれば、Azure上のアプリケーションからSQL Serverへ安全にアクセスしたり、オンプレミスの管理ツールを使ってAzureのリソースを把握したりできる。「既存のIT資産を活かしつつ、クラウドのメリットを享受する。これがクラウドの価値を引き出す現実解だ」(サーバープラットフォームビジネス本部 クラウド&アプリケーションプラットフォーム製品部 エグゼクティブプロダクトマネージャー 鈴木祐巳氏)。

Windows Azure

コンピューティング
Webロール、Workerロール、VMロール

「ロール」と呼ぶ種別で実行環境を提供する。「Webロール」は、インターネット経由のリクエストを処理するWebアプリケーション用途。「Workerロール」はWebロールと対になって業務ロジックなどを実行する。キューを介して他のロールからの要求を非同期に処理できる。「VMロール」はWindows Server 2008 R2が稼働する仮想マシン

Webロール、Workerロール、VMロール

【価格】1時間あたり4.37円(プロセサが1GHz、メモリーの容量が768MB、ディスクの容量が20GBの場合)

ストレージ
BLOB、テーブル、キュー

データの利用目的により3つのタイプを用意する。BLOBは画像や音声フィルなどを保存するストレージ。「テーブル」はスケーラビリティに優れた分散キーバリューストア。「キュー」は「Webロール」と「Workerロール」間でやり取りする、実行すべきタスクを保存する

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

Active Directory / Microsoft / Azure

関連記事

オンプレミスとの連携こそがクラウド活用の現実解~Microsoftオンプレミスとの連携に向けた機能強化 Office 365などのSaaSも拡充 オンプレミスとクラウドの連携を想定した機能を揃える点が「Winodws Azure Platform」の特徴だ。オンプレミスのサーバーやストレージにアクセスするようにAzureのリソースを利用する、使い慣れた「Visual Studio」を使ってAzure向けアプリケーションを開発する。こうした用途を提起するための機能強化を図る。

PAGE TOP