[市場動向]

日本企業の厳しい要件への対応に注力するインターネットイニシアティブ

2012年6月26日(火)IT Leaders編集部

日本企業の厳しい要件への対応に注力 国内最大規模のコンテナ型DCも特徴 サーバーやストレージなどのリソースプールを自動管理する基盤を独自開発し、運用を効率化することで低コスト化を図る。ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN」を取り入れた基盤構築も視野に入れる。島根県松江市に国内最大規模のコンテナ型データセンターを有する─こうした自前の技術力がIIJの強みだ。

IIJ GIOの中でも目を引くのが「コンポーネントサービス」である。OSやサーバーなどの種類を制限する「ホスティングパッケージ」に比べ、物理サーバーや顧客が持ち込むサーバーなどを組み合わせて1000通り以上のシステムをオーダーメイドできる。「厳密にはクラウドと言い難いかもしれないが、日本企業の厳しい要件を満たす1つの解と位置付けている」(マーケティング本部 GIOマーケティング部 1課長 神谷修氏)。

そのほか、RubyをサポートするPaaS「MOGOK」を提供するのに加え、海外拠点を構える企業向けに、3月には米国で「IIJ GIO USサービス」の提供を開始。今夏には中国国内でIaaSの提供も予定する。

コンピューティング
IIJ GIO ホスティングパッケージサービス

Webサーバーやメールサーバー用などのプランを揃える。利用できるOSはCentOSのみだが、1日133円から利用できる

IIJ GIO ホスティングパッケージサービス

【月額料金】4000円〜(Webサーバー用の「Webプラン」の場合)

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連キーワード

IIJ / SDN / データセンター / 島根県

関連記事

日本企業の厳しい要件への対応に注力するインターネットイニシアティブ日本企業の厳しい要件への対応に注力 国内最大規模のコンテナ型DCも特徴 サーバーやストレージなどのリソースプールを自動管理する基盤を独自開発し、運用を効率化することで低コスト化を図る。ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN」を取り入れた基盤構築も視野に入れる。島根県松江市に国内最大規模のコンテナ型データセンターを有する─こうした自前の技術力がIIJの強みだ。

PAGE TOP