ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[市場動向]

社内SNSとユニファイドコミュニケーションツールの最新動向

2012年8月28日(火)

Part4 主要製品/サービス これまで主役だったメールと電話を補完する連絡手段が続々と登場している。Web会議やIM(インスタントメッセージ)、チャットなどの様々なツールがあるが、本パートでは、社内SNSとUC(ユニファイドコミュニケーション)の最新動向をまとめる。 折川 忠弘(編集部)

メールの弱点を補い、仕事をテキパキと進めやすくするツールが続々と登場している。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を筆頭に、IM(インスタント・メッセージ)、チャット、ボイスメール、Web会議、UC(ユニファイドコミュニケーション)などバリエーションは多彩だ。

ほかにもオフィスソフト系の機能強化として、例えばマイクロソフトの「Office 365」やグーグルの「Google Docs」は、複数ユーザーがブラウザ経由でファイルにアクセスし、同時に編集することを可能にしている。社外の取引先などと文書や資料を共有できるオンラインストレージサービスもコラボレーションを促進する上で有効なツールと位置付けられる。

本パートでは、ここにきて選択肢が広がっている企業向けSNSとUCに焦点を当てて最新動向をチェックする。

情報の探しやすさに各社工夫
選択肢増える社内SNS

企業向けにセキュリティ機能を高めたSNS製品/サービスは一般的に、日頃の報告・連絡・相談を気構えることなく投稿し、社員間のコミュニケーションや情報共有を自然に促すことに主眼を置いているものが多い。こうした中、その“場”に業務アプリケーションのデータも取り込んでいこうというアプローチが登場し始めた。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

社内SNSとユニファイドコミュニケーションツールの最新動向Part4 主要製品/サービス これまで主役だったメールと電話を補完する連絡手段が続々と登場している。Web会議やIM(インスタントメッセージ)、チャットなどの様々なツールがあるが、本パートでは、社内SNSとUC(ユニファイドコミュニケーション)の最新動向をまとめる。 折川 忠弘(編集部)

PAGE TOP