[新製品・サービス]

日本オラクル、900TBまで保存可能なテープ・ライブラリを発表

2012年9月4日(火)

日本オラクルは2012年8月30日、テープ・ライブラリ「StorageTek SL150 Modular Tape Library」を発表した。中堅・中小企業向けのエントリーモデルで、大量データのアーカイブ用途を想定する。

保存するデータ量の増加に伴い、後からテープを追加/拡張できる。保存容量が1.5TB(非圧縮時)となるテープ・カートリッジを30巻収納する「モジュール」を用意し、10台まで増設できる。最大で300巻のカートリッジを収納し、データの保存容量は450TB(圧縮時は900TB)となる。利用できるテープの規格は「LTO-5」で、「LTO-4」などの下位規格のテープは読み取りのみサポートする。

モジュールのうち1台は、残りのモジュールを管理する「ベース・モジュール」で、7インチのタッチ・スクリーンを装備。テープの管理や初期設定をスクリーンから実施できる。ベース・モジュールは9基のUSBポートを備え、残り9台の「拡張モジュール」とUSBケーブルで接続できるようになっている。ケーブルを接続すると拡張モジュールに給電し、自動認識して利用することが可能だ。「拡張モジュールを容易に追加できることから、ユーザーが自ら追加してもよい。当社に作業を依頼しなければ作業費を抑えられ、作業要員を待つことなく迅速にテープを追加できる」(システム事業統括 ビジネス推進本部 ストレージ担当ディレクター 阿部恵史氏)。

なお、データをテープではなくディスクに保存するケースが増えている。これに対し阿部氏は、「GBあたりのテープの単価が下がっているにも関わらず、テープ市場は横ばい、もしくは微増である。これは、これまでに以上に大量データをテープに保存するニーズが増えていることを表している。データを長期保存する場合、テープならばディスクと違って電力を供給し続ける必要がない。電力量削減が叫ばれる中、テープを見直す機運が高まっている」。

価格(税別)は最小構成で63万4022円。内訳はベース・モジュールとカートリッジを読み書きするドライブ1台、電源ユニット1台となる。テープ・カートリッジは含まない。

関連記事

日本オラクル、900TBまで保存可能なテープ・ライブラリを発表日本オラクルは2012年8月30日、テープ・ライブラリ「StorageTek SL150 Modular Tape Library」を発表した。中堅・中小企業向けのエントリーモデルで、大量データのアーカイブ用途を想定する。

PAGE TOP