[市場動向]

【Part2】既存システムの移行先として支持を集めるIIJのクラウドメニューを完全解剖する

2012年9月11日(火)栗原 雅(IT Leaders編集部) 緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IIJ GIOの“屋台骨”を解剖 クラウドサービスのメニューにはどんなものがあるのか? ユーザー企業が自社のシステム要件に見合ったサービスを選択するうえで 特定のクラウドサービスの内容を深く理解し、ある種の“基準”とする意味は大きい。 そこで、ここでは「IIJ GIO」の中核であるIaaSのサービス内容を詳細に解説する。

日本のクラウドサービス事業者が提供するサービスは、例外もあるが、それほど単純ではない。ユーザー企業の要求に極力、柔軟に応えようとするためだ。IIJ GIOのサービスも、その例に漏れない。IaaSだけでも大きく3タイプのサービスがある。まず引き合いと導入が共に増えているという主力サービス、「IIJ GIOコンポーネントサービス」から見ていこう。

コンポーネントサービス
“部品”を組み合わせて要件に見合う基盤を整備

IIJ GIOコンポーネントサービスは文字通り、サーバーやストレージ、ネットワークといった各種システム構成要素をIIJが“コンポーネント(部品)”として用意。それを組み合わせて、ユーザー個々の要件に合致したインフラを構築するためのIaaSである(図2-1)。仮想サーバーはもちろん、占有型の物理サーバーを調達することもできる。

図2-1 IIJ GIOコンポーネントサービス インフラの基盤となるベースサーバーを選択。必要に応じてアドオンを購入する
図2-1 IIJ GIOコンポーネントサービス インフラの基盤となるベースサーバーを選択。必要に応じてアドオンを購入する

構成の自由度が高いため、構成要素の組み合わせや割り当ては自動化されておらず、ネットワークセグメントの設定などはIIJの技術者が対応している。このため申し込みから利用開始まで、最低3営業日かかる。これは後述する「IIJ GIOホスティングパッケージサービス」と大きく異なる点だ。

物理サーバーも選択可能
個別調達も引き受ける

コンポーネントの1つが「ベースサーバー」である。他のユーザー企業と物理サーバーを共用する仮想サーバー「Vシリーズ」、1台丸ごと専有できる物理サーバー「Xシリーズ」の2つが基本(図2-1左)。2012年8月には、これにVWシリーズが加わった(後述)。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
関連記事

【Part2】既存システムの移行先として支持を集めるIIJのクラウドメニューを完全解剖するIIJ GIOの“屋台骨”を解剖 クラウドサービスのメニューにはどんなものがあるのか? ユーザー企業が自社のシステム要件に見合ったサービスを選択するうえで 特定のクラウドサービスの内容を深く理解し、ある種の“基準”とする意味は大きい。 そこで、ここでは「IIJ GIO」の中核であるIaaSのサービス内容を詳細に解説する。

PAGE TOP