[新製品・サービス]

アマゾンウェブサービス、東京リージョンにアベイラビリティゾーンを追加

2012年9月13日(木)

アマゾンウェブサービスは2012年9月13日、東京リージョンに新たなアベイラビリティゾーンを追加した。

アマゾンウェブサービスは2012年9月13日、東京リージョンに新たなアベイラビリティゾーンを追加した。東京・台場で開催中のカンファレンス「AWS Summit Japan」の基調講演で、同社の副社長アダム・セリブスキー氏が発表した。東京リージョンで利用可能なアベイラビリティゾーンは3つになった。

AWSは、世界8地域にリージョンと呼ぶデータセンター群を運営。リージョンは、複数のアベイラビリティゾーンで構成する。各ゾーンは、相互にネットワークで接続される一方、電力や通信回線などのインフラを、他のインフラから独立して確保。洪水や地震などの災害で、複数のゾーンが一斉に被害を受けないようにしている。複数ゾーンを併用することで、システムの可用性を高められる。

東京リージョンは2011年3月の開設以来、順調に利用者を獲得。初年度の成長率は、全リージョンで過去最高を記録した。セリブスキー氏は「日本企業がAWSの価値を認めて採用を進めた結果。東京リージョンの拡張を発表できたことはとても喜ばしい。今後もアベイラビリティゾーンを追加していく予定」とコメントした。

関連記事

アマゾンウェブサービス、東京リージョンにアベイラビリティゾーンを追加アマゾンウェブサービスは2012年9月13日、東京リージョンに新たなアベイラビリティゾーンを追加した。

PAGE TOP