[市場動向]

メガベンダーが2ヶ月に1社のペースでM&Aを進める理由

2012年12月21日(金)

製品、サービスのコモディティ化に対するメガベンダーの危機感は強い。 常に新たな成長領域を開拓しなければ、後続ベンダーとの過酷な競争に飲み込まれてしまうからだ。 各社とも、“次世代”の企業ITのビジョンを描き、ポートフォリオの再編を急ぐ。

isco、Dell、EMC、HP、IBM、Microsoft、Oracle、Salesforce.com、SAP。これら大手ベンダー9社が過去3年間に買収した企業は、実に160社を超える。各社が2カ月に1社のペースで新たな企業を獲得している計算だ。

企業買収と言えば、顧客ベースの獲得や、売上高の拡大といったイメージが先行しがちだが、「外資系ベンダーにとっても、企業買収は決して楽な作業ではない」と各社の担当者は口を揃える。莫大な費用と人的コストが掛かる上、成功が約束されているわけでもない。成果を上げられなければ、株主からの批判にさらされる。

それでも、各ベンダーが買収という手段を選ぶのは、企業ITの製品戦略を考える上で、M&Aが必要不可欠な要素となっているからだ。「企業ITのテクノロジーはライフサイクルが短い。自社開発にこだわっていては、成長分野での主導権を逃してしまう」(セールスフォースの倉林陽シニアディレクター)。

彼らが技術獲得競争の先に見据えているのは、先進ユーザーの潜在的、顕在的なニーズに他ならない。それを知ることは、自社のIT戦略を考える上で有用なはずだ。以下では、各ベンダーの買収動向を俯瞰しよう。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

メガベンダーが2ヶ月に1社のペースでM&Aを進める理由製品、サービスのコモディティ化に対するメガベンダーの危機感は強い。 常に新たな成長領域を開拓しなければ、後続ベンダーとの過酷な競争に飲み込まれてしまうからだ。 各社とも、“次世代”の企業ITのビジョンを描き、ポートフォリオの再編を急ぐ。

PAGE TOP