[新製品・サービス]

【新製品・サービス】ビッグデータを分析し“売れる商品”を探し出す、ほか

2013年4月15日(月)

1カ月間に発表された主要な新製品・サービスをご紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

アクセスログ監視

社員のアクセス履歴を保管する中小企業向け製品

NECは2013年2月21日、アクセスログを監視するアプライアンス「ALog ConVerter for Express5800」を発売した。同社のサーバーに網屋のアクセスログ監視ソフトをインストールして提供する。誰がいつどのファイルにアクセスしたのか、どのページを印刷したのか、いつPCを起動したのかなどの履歴を保管する。価格(税別)は1サーバーあたり25万4000円から。

リモートアクセス

スマートデバイスを使って社内PCにアクセス

TISは2013年2月26日、スマートデバイスから社内のPCにアクセスできる「RemoteWorks Mobile」を発表した。ユーザー/端末認証を用いたり、通信を暗号化したりすることでセキュリティを高めた。端末にはデータが残らないため、情報漏えいのリスクを軽減できる。端末を紛失した際には遠隔から操作をロックすることも可能。年額料金(税込)は1IDあたり1万2600円。

バックアップ

クラウドも含めバックアップ対象を拡大

CA Technologiesは2013年2月26日、バックアップソフト「CA ARCserve r16.5シリーズ」を発表した。Windows Server 2012やWindows 8環境をバックアップ対象にしたほか、「ニフティクラウドストレージ」や「Cloudn Object Storage」などのクラウド上のデータもバックアップできる。価格(税別)はファイル単位のバックアップが可能な「CA ARCserve Backup」が15万円から。

標的型攻撃対策

社員のセキュリティに対する意識を向上

NTTネオメイトは2013年2月28日、「AQStage標的型メール攻撃予防訓練サービス」を発表した。疑似的な標的型メールを対象者に送信し、添付ファイルの開封率を調査する。開封者に対して対処方法を学ばせるメニューも用意する。疑似メールを1回送信し、その結果をレポートとして提供する「ベーシック」の価格(税込)は21万円(メールアカウント数が100IDまでの場合)。

データベース管理

Oracle Databaseのバックアップを自動化

日本オラクルは2013年2月28日、Oracle Databaseの運用を支援するソフト「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」を発表した。決められたスケジュールやポリシーに従い、自動でスナップショットやコピーを作成する。同社製ストレージ「Sun ZFS Storage Appliance」上で稼働するOracle Databaseが対象となる。価格(税別)は44万8370円から。

情報分析

ビッグデータを分析し“売れる商品”を探し出す

日立製作所は2013年3月1日、小売業向けの「流通分析ソリューション」を発表した。POSデータや顧客情報、Twitterなどの投稿を分析し、企業の販売戦略や商品企画の立案を支援する。商品の評判や顧客の声などから売れ筋商品を探ったり、優良顧客向けの品揃えに変更するなどの施策を立案する。データ分析の専門家による支援サービスも用意する。価格は個別見積もり。

関連記事

【新製品・サービス】ビッグデータを分析し“売れる商品”を探し出す、ほか1カ月間に発表された主要な新製品・サービスをご紹介する、ニュースフラッシュ 新製品・サービス編。ハードウェアやソフトウェア、システムの各分野から、12個の新製品・サービスを取り上げた。

PAGE TOP