[イベントレポート]

ソーシャルにらみB to B to Cを強調 HANA核にしたクラウド連携を強化

2013年5月16日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

独SAPは2013年5月14日(現地時間)から16日にかけて、同社の年次イベント「SAPPHIRE NOW」を米フロリダ州オーランドで開催した。初日の基調講演では、「B to B to C」(企業対企業対個人)を強調し、同分野でのソフトウェア・リーダーを目指すとした。

「SAPはB to B to C分野において、ソフトウェアのリーダーになる。そのため、ユーザー・エクスペリエンス(体験)を最重要課題に位置付けている」--。 SAPPHIRE NOW初日の基調講演に登壇したCo-CEOのビル・マクダモット氏は、こう宣言した。

ここでいうユーザーとは、一般消費者や従業員のこと。FacebookやTwitterに代表されるソーシャルネットワークの時代にあっては、スマートフォンやタブレット端末を介してつながっている個人にどうリーチしていくかが事業機会の拡大につながっていくとの主張である。

試合の“見える化”でファン層を拡大

マクダモット氏が基調講演で訴えたのが、ソーシャル対応の重要性だ。米タイムズ誌の特集記事『Me Me Me Generation』を取り上げ、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などでのつながりが最も強い世代の考え方を知り、彼らのニーズに応えることが事業拡大につながるとする。

具体例として、SAPが25業種目として本格対応するスポーツ&エンターテインメント産業を挙げる。各種のデータを駆使し、試合における選手の動きや、これまでの試合における活躍度合いなどを種々のデータを使って“見える化”したり、会場チケットの販売状況を細かく知らせたりすることで、ファンの期待に応えると同時に、新たなファン層の拡大、ひいては各種売り上げの増加に結び付ける。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連キーワード

SAP / HANA

関連記事

ソーシャルにらみB to B to Cを強調 HANA核にしたクラウド連携を強化独SAPは2013年5月14日(現地時間)から16日にかけて、同社の年次イベント「SAPPHIRE NOW」を米フロリダ州オーランドで開催した。初日の基調講演では、「B to B to C」(企業対企業対個人)を強調し、同分野でのソフトウェア・リーダーを目指すとした。

PAGE TOP