[イベントレポート]

ビジネスのイノベーションは意図的に起こすもの、HANAは事業変革のプラットホーム・クラウドに

2013年5月16日(木)

独SAPは2013年5月14日(現地時間)から16日にかけて、同社の年次イベント「SAPPHIRE NOW」を米フロリダ州オーランドで開催している。2日目の基調講演には、Co-CEOのジム・スナベ氏が登壇し、インメモリー処理技術のHANAをプラトホームにしたビジネス・イノベーションに乗り出すことの必要性を訴えた。

ビジネス・イノベーションを訴求するにあたり、ジム・スナベ氏が例えに挙げたのは、ダーウィンの進化論である。環境の変化に耐えるために生物が進化してきたように、ビジネスの世界でも変化が必要があると強調する。

進化論は当時のビッグデータ活用の最適例?

さらにスナベ氏は、ダーウィンが進化論にたどり着くために5年間に5000以上の標本を集めたことを紹介し、「これらの標本が、当時のビッグデータであり、ダーウィンの脳がインメモリー・テクノロジだ」と、SAPのHANAと対比してみせた。

ビジネスの進化論でいえば、現在は、農業から1860年代の工業化の時代に続き1990年代に始まった「デジタル時代にある」(スナベ氏)。そこでは、従来の資源消費型の経済ではなく、資源の消費を最小限に抑えながらも、個々人に最適化した製品・サービスの提供が重要になってくる。世の中のディジタル化によって「インディビジュアル時代、コネクテット時代が訪れた」(同)と指摘する。

コネクテット時代のアップリケーションとしてスナベ氏は、いくつかの例を挙げた。車での移動した先でのガソリンスタンドや駐車場への誘導や、地下鉄のホームの壁に商品の映像を表示しスマートフォンで注文を受け付ける小売店、体質の変化を感知しての予防医療などだ。これらのいずれにも共通するのが、ビッグデータに基づく予測に基づいて行動するビジネスモデルが適用できる点である。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

関連記事

ビジネスのイノベーションは意図的に起こすもの、HANAは事業変革のプラットホーム・クラウドに独SAPは2013年5月14日(現地時間)から16日にかけて、同社の年次イベント「SAPPHIRE NOW」を米フロリダ州オーランドで開催している。2日目の基調講演には、Co-CEOのジム・スナベ氏が登壇し、インメモリー処理技術のHANAをプラトホームにしたビジネス・イノベーションに乗り出すことの必要性を訴えた。

PAGE TOP