[新製品・サービス]

「米国仕込みの最新技術を提案する」ベトナムのシステム開発会社・会長

2013年7月18日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米国企業にベトナムからのオフショア開発サービスを提供する米Universal Technology Services(UTS)が2013年6月、同様のサービスを日本市場特化で提供する兄弟会社Universal Software Services(USS)をベトナムに設立、代表取締役社長に玉井 節朗 氏が就任した。USSは、ソフト開発力だけなく、UTSが米国市場で手がける最新技術を使ったシステム構築ノウハウを含め日本企業に提案するという。来日したUSS代表取締役会長兼最高執行役員のウイリアム D・グエン博士に、USSの事業内容や差別化点などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏)

ベトナムUSSの代表取締役会長兼最高執行役員の
ウイリアム D・グエン博士(左)と
代表取締役社長の玉井 節朗 氏

――日本市場を対象にオフショア開発サービスを提供するベトナム企業は以前からある。なぜ今、日本市場特化の開発会社なのか。

確かにベトナムにはオフショア開発サービスを提供する企業が多数ある。しかし、その多くが10~30人規模と小規模だし、顧客企業から受け取った仕様書通りにソフトを開発する受託開発型である。彼らは、プログラマを多数抱えるものの、最新技術を使ったシステムの設計までには踏み込めない。

一方で日本企業は今、グローバル化と事業のサービス化を迫られており、ITを使った新たな仕組みが不可欠になる。USSの兄弟会社であるUTSが米国で請け負っている、クラウド化やモバイル化のための技術を必要とする案件が増えるはずだ。そうした市場に向けて、最新技術を提案できる会社としてUSSを設立した。

――米国ではどんな案件を手がけてきたのか。

米シリコンバレーにUTSを設立して7年が経つ。公開できる企業だけでも、通信機器メーカーのシスコシステムズやネットギア、セキュリティ関連企業のシマンテックやウォッチガードなどが顧客になっている。それぞれがクラウド・コンピューティングやモバイル、あるいはビッグデータに対応するための機能を開発し提供してきた。

いずれも最新技術への対応が不可欠、短期間での開発も求められる。短サイクルでプロジェクトを進める「スクラム」や反復型の「XP(エクストリーム・プログラミング)」といったアジャイル開発手法を採り入れ、実践している。

米国市場で得た最新技術やノウハウを基に、ベトナム市場では、ベトナム語を対象にした検索エンジンの開発会社Vietciaや、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のVoximax、動画なども配信するエンターテインメント系ポータルサイトのRoloなどを立ち上げた。システム基盤の構築からスマートフォン向けアプリの開発まで、要件が不確定で、かつ大量のアクセスをさばかなければならないシステムは、我々の得意分野の一つだ。

関連記事

「米国仕込みの最新技術を提案する」ベトナムのシステム開発会社・会長米国企業にベトナムからのオフショア開発サービスを提供する米Universal Technology Services(UTS)が2013年6月、同様のサービスを日本市場特化で提供する兄弟会社Universal Software Services(USS)をベトナムに設立、代表取締役社長に玉井 節朗 氏が就任した。USSは、ソフト開発力だけなく、UTSが米国市場で手がける最新技術を使ったシステム構築ノウハウを含め日本企業に提案するという。来日したUSS代表取締役会長兼最高執行役員のウイリアム D・グエン博士に、USSの事業内容や差別化点などを聞いた。(聞き手は志度 昌宏)

PAGE TOP