[新製品・サービス]

業務システムの開発ツール・ベンダー13社が 共同で「超高速開発コミュニティ」を旗揚げ

2013年8月6日(火)田口 潤(IT Leaders編集部)

システムは「つくる」から「使う」──。多種多様なパッケージやSaaSが提供される今、よく言われることだが、どっこい、作るシーンがなくなったわけではない。パッケージやSaaSは、どの企業にもある標準的な業務には適合しても、そうでない業務も多い。基幹システムの使い勝手を高める周辺システムや、特定の部門だけが使う業務システム、例外処理が少なくない中堅・中小企業のシステムなどがその例である。スマートデバイスの普及などでIT化が広がる中、作るニーズはむしろ増えている。

こうした分野に向けたシステム開発ツールを提供するベンダー13社が8月6日、共同で「超高速開発コミュニティ(会長:関隆明氏)」という団体を旗揚げした。決して分かりやすいとは言えない各社のツールがどんな用途に適するのか、ツール相互の関係はどうか、どう利用すれば効果的なのかといったことを、個々のベンダーの立場を超えて議論・検証・公開。その上で「ユーザー企業のシステム開発やIT活用に貢献する」(関会長)ことを目的に、今後、セミナーやWebサイトなどを通じて情報発信していく計画だ。

【写真】超高速開発コミュニティに参画した各社の代表>

参加したのは、アイエルアイ総合研究所(StiLL)、アトリス(PEXA)、インフォテリア(ASTERIA)、ウイング(GeneXus)、オープンストリーム(Biz/Browser)、キヤノンソフトウェア(WebPerfomer)、 ケン・システムコンサルティング(XupperII)、 サピエンス・ジャパン(Sapiens)、ジャスミンソフト(Wagby)、BlueMeme(Outsystems Platform)、フロンテス(STAR-ATT)、マジックソフトウェア・ジャパン(Magic xpa)、ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所(ユニケージ開発手法)の13社(かっこ内は各社のツール名称)。

この中で例えば、StiLLはExcelをベースに業務システムを開発するツールだが、認知されているとは言いがたい。テスト工程を自動化するSTAR-ATTも同様だろう。これを打破するには個別企業だけでは限界があり、それがコミュニティの旗揚げにつながった。上記13社は発起人という位置づけで、今後、趣旨に合う開発ツールベンダーやユーザー企業の参加を促す考えである。

団体名称の「超高速開発」には、ウォータフォール型のスクラッチ開発に比べて「少なくとも3倍以上の生産性」(ジャスミンソフトの贄良則社長)という意味を込めている。多くはプログラミングをしないことで、製造工程やテスト工程を削減する方法により生産性を高めるアプローチをとる(そうでないものもある)。

ここで各社のツールの特徴をざっと列挙すると次のようになる。

  • StiLL:Excelを利用しながらVBAやマクロなしで業務システムを開発する
  • PEXA:PEXAは伝票とモノの流れに着目して厳密に業務分析することを特徴とする方法論。プログラム生成ツールも備える
  • ASTERIA:EAIツール。連携機能をビジュアル開発できる
  • GeneXus:ウルグアイ製の業務システム開発・実行環境。業務要件やデータ項目を規定のフォーマットで入力すると業務システムを生成
  • Biz/Browser:リッチクライアント開発・実行ツール。現在はWebシステムに強み
  • WebPerfomer:Ajaxなどを用いたWebアプリケーションを生成する
  • XupperII:DFDによる業務やデータモデリングに強みを持つ上流工程向けツール
  • Sapiens:イスラエル製の業務システム開発・実行環境。GeneXusに近いと言われるが、プログラムは生成しない
  • Wagby:設計情報、業務ルールなどを定義するとプログラムを生成
  • Outsystems Platform:モデル駆動型により開発、運用、保守をサポートするプラットフォーム
  • STAR-ATT:テストスクリプトの生成、テスト実行をサポート
  • Magic xpa:イスラエル製の業務システム開発環境。データ連携に強み
  • ユニケージ開発手法:RDBMSを利用せず、シェルスクリプトとテキストデータで業務システムを開発する

さて超高速開発コミュニティの趣旨は理解できるが、課題もあるように感じた。最も大きいのが、各ツールの位置づけを明確にするという目的を実践できるかどうか。ASTERIAやBiz/Browser、XupperIIといった用途特化のツールはまだしも、システム開発ツールの大半は各社のWebページを見ると「何にでも対応できる」といった趣旨の説明しかない。得意、不得意が分かりにくいのだ。ベンダー中心で組織する団体の中で、これをクリアにすることの難しさは承知の上で実現して欲しい。

特定の開発ツールに習熟すれば生産性は高まるかも知れないが、そのツールにロックインされるリスクもある。欧米などで進む、「SaaSなどクラウドサービス同士のマッシュアップによる開発」というアプローチを取り込んでいないことも、気にかかる点の1つだ。記者会見では「なぜ今さら(自動生成型の)高速開発なのか?遅すぎないか」という質問があった。コミュニティ側の回答は「ツールによる開発は、まだまだ海外でもポテンシャルは大きい。クラウドにも適合する」というものだったが、質問の意図には微妙に正対していなかった。

とはいえ団体としてまだ発足したばかりで多くを期待するのも無理があるかも知れない。ウイングの樋山証一社長は「11月には、ユーザー企業が理解できる各社のツールの得手不得手をマップした作成し、公開する」と語る。まずはそういった成果に期待したい。

関連記事

業務システムの開発ツール・ベンダー13社が 共同で「超高速開発コミュニティ」を旗揚げシステムは「つくる」から「使う」──。多種多様なパッケージやSaaSが提供される今、よく言われることだが、どっこい、作るシーンがなくなったわけではない。パッケージやSaaSは、どの企業にもある標準的な業務には適合しても、そうでない業務も多い。基幹システムの使い勝手を高める周辺システムや、特定の部門だけが使う業務システム、例外処理が少なくない中堅・中小企業のシステムなどがその例である。スマートデバイスの普及などでIT化が広がる中、作るニーズはむしろ増えている。

PAGE TOP