ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

明治安田生命、Windows 8タブレット3万台導入

2013年8月8日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

明治安田生命は、新営業端末として、Windows 8タブレットを約3万台導入した。

動画コンテンツを使って商品説明したり、電子化した書類を使って契約手続きを済ませたりできるようにして、営業体制を強化する。2013年9月から順次、タブレットを活用した営業活動を開始。国内約1200カ所の拠点で展開する計画だ。

端末は、「マイスターモバイル」と呼ぶ、明治安田生命オリジナルのタブレットPC。富士通が製造した。12.1インチ液晶画面、重さ約880g。駆動時間は明らかにしていないが、1日の所外活動に十分なバッテリーを搭載しているとしている。

NTTドコモの高速通信LTEサービス「Xi」に対応した無線WANモジュールを内蔵し、商品説明用のパンフレットや動画コンテンツを高速でダウンロードできるようにした。顧客情報は、セキュリティシステムセンターと呼ぶ施設で一元管理し、端末にはデータを保持しない。内蔵ディスク(SSD)も暗号化する。

OSは「Windows 8 Pro」を選択した。富士通によれば、Windows 8タブレットの導入事例としては国内最大。世界的に見ても最大級の規模であるという。

関連記事

明治安田生命、Windows 8タブレット3万台導入明治安田生命は、新営業端末として、Windows 8タブレットを約3万台導入した。

PAGE TOP