ワークスタイル ワークスタイル記事一覧へ

[新製品・サービス]

「メールや検索にかける時間の半分はムダ」企業向けソーシャルの米ジャイブが日本市場に本格参入

2013年9月3日(火)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

 企業向けソーシャルメディア・ソフトを開発・販売する米ジャイブ ソフトウェアは2013年9月3日、日本オフィスを設立し日本市場に本格参入すると発表した。同社プレジデントのジェイ・ラーソン氏は、「メールや検索に使っている時間の半分は企業活動の成果につながっておらずムダ。新たな情報共有ツールが不可欠だ」と、企業向けソーシャルメディアによる情報共有の必要性を訴える。日本オフィス代表には、マイクロソフトやネットスイートの日本法人幹部を務めた東貴彦氏が就いている。

 ジャイブ ソフトウェアが提供する「Jive」は、社内外にまたがるコミュニティ内での情報共有を可能にするソーシャルメディア・プラットフォーム製品である。コミュニティが持つ情報・ノウハウを、「コンテンツ」「ピープル」「プレイス」の3つの視点で分類・検索することで、必要な情報あるいはノウハウを持つ人材をより早く見つけ出すことに主眼を置いている。企業内の既存システムのほか、FacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)との連携もできる(図1)。


図1 Jiveの主な機能の概念

 Jiveがいうコンテンツは、文書やプレゼン資料など。米マイクロソフト製の情報共有プラットフォームである「sharepoint」など連携し、sharepointが管理する文書をJiveのインタフェースで参照するほか、その文書を見ながら交わしたディスカッション内容も併せて記録できる(画面1)。これにより、プレゼン資料を見ただけでは分からない表現の意図や数字がもつ意味などが残るため、同様の質問が繰り返されたり、誤った情報を伝えたりといったことが軽減できる。コンテンツの参照数や参照者の評価なども管理できる。


画面1 Jiveの画面例

 ピープルは、人物を起点に情報を検索するための視点。その人が所属部署でどんな経験を積んでいるか、どんなコンテンツを作成しているか、どんな人脈を持っているかなどが把握できる。プレイスは、コンテンツやピープルを地域といった所在地を起点に検索するための視点である。

関連記事

「メールや検索にかける時間の半分はムダ」企業向けソーシャルの米ジャイブが日本市場に本格参入 企業向けソーシャルメディア・ソフトを開発・販売する米ジャイブ ソフトウェアは2013年9月3日、日本オフィスを設立し日本市場に本格参入すると発表した。同社プレジデントのジェイ・ラーソン氏は、「メールや検索に使っている時間の半分は企業活動の成果につながっておらずムダ。新たな情報共有ツールが不可欠だ」と、企業向けソーシャルメディアによる情報共有の必要性を訴える。日本オフィス代表には、マイクロソフトやネットスイートの日本法人幹部を務めた東貴彦氏が就いている。

PAGE TOP