[事例ニュース]

あきんどスシロー、AWSとQlikViewでデータ分析基盤を刷新

2013年9月11日(水)IT Leaders編集部

回転寿司チェーン店「スシロー」を運営する、あきんどスシローは、データ分析基盤としてインメモリーBIツール「QlikView」を導入した。アシストが2013年9月11日に発表した。

スシローのホームページ
スシローは、全国に約350店舗を展開する回転ずしチェーン
(※写真はスシローのホームページ)

従来、経営や商品開発、店舗運営に関する分析にExcelを用いていたが、扱えるデータ量に限界があることや、分析処理に時間を要することなどが課題だった。

データ分析基盤の構築を目指して2012年春から情報収集を開始、9月にQlikViewの導入を決定した。約40億件の明細データを高速に分析できること、事前にデータマートを作成することなく、生データを直接読み込めるため、分析軸を自由に変えられる点などを評価した。

利用者は、情報システム部、経営企画部、商品部、マーケティング部に所属する15人。各ユーザーは、Amazon Web Service上に構築した、データウェアハウス(Microsoft SQL Server)に接続し、分析業務をこなす。

データ分析の結果は、原価率の管理や、廃棄率の低減、商品フェアのシミュレーションに活用する。導入後は、週次で作成していたレポートを必要に応じて即座に提出できるようになった。結果、店舗でのレーン構成やネタの提供、スタッフの配置なども強化できたとしている。

関連記事

あきんどスシロー、AWSとQlikViewでデータ分析基盤を刷新回転寿司チェーン店「スシロー」を運営する、あきんどスシローは、データ分析基盤としてインメモリーBIツール「QlikView」を導入した。アシストが2013年9月11日に発表した。

PAGE TOP