[調査・レポート]

破壊的テクノロジ、”スマートマシン”が到来する

2013年10月18日(金)田口 潤(IT Leaders編集部)

皆さんは、「スマートマシン」という言葉をご存じだろうか。自律的に行動し、学習を重ね、これまで人間しかできないと思われていた作業をこなす機械のことだ。遠い世界の出来事のように聞こえるかもしれないが、すでに現実のものとなりつつあるという。

 「スマートマシンの時代はすでに始まっている。そんな中でCIOは今、何をすべきか?」--。ガートナーシンポジウムのセッション冒頭、同社のトム・オースチン氏(バイスプレジデント兼フェロー)は、こう聴衆に問いかけた。

 「すでに始まっている」という点は、筆者もその通りだと思う。クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータに続き、新たなITキーワードとして”スマートマシン”が急浮上しているのだ。クラウドやビッグデータなど4つの技術の集合体と位置づけられるうえ、スマートマシンのインパクトはクラウドやビッグデータを凌ぐ可能性が大きい。まだ夢物語に近い面もあるが、ITの将来を占う上で重要だ。同氏の講演内容を紹介しよう。

ITの進化がスマート化を加速する

 まずスマートマシンとは何か?オースチン氏は、「人間の領域で人間にしかできないと思われていたことを実行する。自律的な学習機能を備え、状況に適応するのが特徴」と定義する(図1)。「人間がリモートコントロールしる無人偵察機はそうではないが、グーグルや日産自動車が開発中の自動運転車はスマートマシンの1つである」(同氏)。

図1:スマート・マシンの特質

 簡単に言えば、ある種の知性を備えたシステムやマシンのことだが、これは1980年代から90年代前半に活発に実用化が試みられたAI(人工知能)のムーブメントとは何が違うのか。オースチン氏によると、4つの点で決定的に異なるという。ハードの進化、アルゴリズムの進化、ネットワーク規模の拡大、利用できるコンテンツの膨大さ、である。

 ハードの進化はいうまでもないだろう。CPUの単体性能やメモリー容量は数千倍になり、今も進化している。アルゴリズムに関しても当時のシンプルなルールベースのエキスパートシステムから、UIMAや意味抽出、コンテキスト認識に進化した。人間の脳を模したニューラルネットも90年頃の3層モデルから現在では多階層のDeep Learningモデルになり、精緻さを増している。

 加えて今日ではそうした要素が単体で動くのではなく、ネットワークで相互接続される。疎結合か密結合かはさておき、「10の11乗=1000億のノードが連携する」(同)。そこに加わったのがビッグデータだ。蓄積した大量のデータや情報から確率的に解を導出できるようになった。かつてのAIムーブメントとは量的な面でも、質的な面でも時限が異なるといえる。

 
関連記事

Special

-PR-

破壊的テクノロジ、”スマートマシン”が到来する皆さんは、「スマートマシン」という言葉をご存じだろうか。自律的に行動し、学習を重ね、これまで人間しかできないと思われていた作業をこなす機械のことだ。遠い世界の出来事のように聞こえるかもしれないが、すでに現実のものとなりつつあるという。

PAGE TOP