[インタビュー]

認知度向上が最優先課題、米トレジャーデータ ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏 & Keith Goldstein氏

2013年11月6日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

クラウド上で大量データの収集、分析基盤を提供する米国トレジャーデータ社。日本人がシリコンバレーで立ち上げたベンチャーとしてご存じの方も多いだろう。同社は今年の夏、事業拡大をめざして、マーケティングと事業開発の責任者を外部から招聘した。1人は、マーケティング担当ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏。Amazon RedShiftの基盤技術を提供した、ParAccel社でヴァイスプレジデントを務めた人物である。もう1人、事業開発担当ヴァイスプレジデントのKeith Goldstein氏は、TalendやTIBCO Softwareで要職を歴任した。彼らの目にトレジャーデータはどう映るのか。来日した2人に話を聞いた。(文中は敬称略)

写真:米国トレジャーデータ社のマーケティング担当ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏(右)と、事業開発担当ヴァイスプレジデントのKeith Goldstein氏
写真:米国トレジャーデータ社のマーケティング担当
ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏(右)と
事業開発担当ヴァイスプレジデントのKeith Goldstein氏

――トレジャーデータを選んだ理由は?

Ghiossi:トレジャーデータのプラットフォームが、とてもエキサイティングだと思ったからだ。データ分析の世界にクラウドを持ち込んだ。長年、BIやDWHのベンダーに身を置き、技術トレンドをつぶさに見てきたが、これはパラダイムシフトだと感じた。

 データから価値を引き出すには、とにかく手間がかかる。データを集め、それを蓄え、分析できる形に整えなければならない。IT部門は膨大な労力を注いできた。クラウドは分析のステップを減らし、より早く価値にアクセスできるようにする。

 しかも、分析対象とするのは、構造化データだけではない。Webサイトのアクセスログや、センサーデータなど、新しいデータも分析できる。これらのデータが、企業に価値をもたらすものとして注目を集めているのは周知のとおりだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
関連キーワード

Treasure Data

関連記事

認知度向上が最優先課題、米トレジャーデータ ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏 & Keith Goldstein氏クラウド上で大量データの収集、分析基盤を提供する米国トレジャーデータ社。日本人がシリコンバレーで立ち上げたベンチャーとしてご存じの方も多いだろう。同社は今年の夏、事業拡大をめざして、マーケティングと事業開発の責任者を外部から招聘した。1人は、マーケティング担当ヴァイスプレジデント Rich Ghiossi氏。Amazon RedShiftの基盤技術を提供した、ParAccel社でヴァイスプレジデントを務めた人物である。もう1人、事業開発担当ヴァイスプレジデントのKeith Goldstein氏は、TalendやTIBCO Softwareで要職を歴任した。彼らの目にトレジャーデータはどう映るのか。来日した2人に話を聞いた。(文中は敬称略)

PAGE TOP