[海外動向]

“第3のOS/ミドルウェア”狙う米Pivotal、PaaS基盤の統合製品を発表

2013年11月13日(水)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

米Pivotalが2013年11月12日(現地時間)、PaaS(Platform as a Service)環境を構築するためのソフト群「Pivotal One」を発表した。この新製品で何を狙い、利用企業は何が実現できるようになるのか。本発表を前に、アジア太平洋地域で初めて開催した自社イベント「Pivotal Summit」での発言なども紹介しながら、同社の狙いを探る。

写真1 アジア地域初の自社イベント「Asia Pacific Pivotal Summit」に登壇したポール・マリッツCEO
写真1 アジア地域初の自社イベント「Asia Pacific Pivotal Summit」
に登壇したポール・マリッツCEO

 「デジタルの価値が高まっている。情報を中心とした新たなビジネスモデルを構築する時代の始まりだ」─。米Pivotalのポール・マリッツCEO(最高経営責任者)は、企業が置かれる環境をこう指摘する。そのためには、「クラウドを前提に、多種多様なデータを扱える第3のプラットフォームが必要だ」(同)と強調する。

 Pivotalは、プロプライエタリなメインフレームなどを第1世代、クライアント/サーバーおよびWebサーバーなどを第2世代としたうえで、これらに続くクラウドベースの仕組みを第3世代に位置付ける。当然、11月12日に発表した「Pivotal One」が、第3のプラットフォームだというわけだ。

IaaS束ねるOS提供を狙う

 Pivotalは、米VMwareのCEOだったマリッツ氏がスピンアウトし、2013年4月に立ち上げた会社である。米EMCやVMwareが買収していたソフト群を引き継ぎ、これらの統合を進める。具体的には、PaaS(Platform as a Service)環境を構築するためのOSS(オープンソース・ソフト)の「Cloud Foundry」や、超並列処理型データベースの「Greenplum」、リアルタイムグリッド用ソフトの「GenFire」、Javaフレームワークの「Spring」などである(図1)。

図1:米Pivotalが計画するPaaS(Platform as a Service)環境。
形式が異なる種々のデータを格納し、そこへの自由なアクセス環境を提供する

 Pivotal Oneの基本的な考え方は、Amazon Web Services(AWS)やOpen StackといったIaaS(Infrastructure as a Service)をベースに、業務データから文書、ソーシャルネットへの書き込み、センサーデータまで、多種多様なデータを蓄積。そのビッグデータを自由に分析・加工できるようにすることで、新しいビジネスモデルのためのアプリケーションを構築するというものだ。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
関連記事

“第3のOS/ミドルウェア”狙う米Pivotal、PaaS基盤の統合製品を発表米Pivotalが2013年11月12日(現地時間)、PaaS(Platform as a Service)環境を構築するためのソフト群「Pivotal One」を発表した。この新製品で何を狙い、利用企業は何が実現できるようになるのか。本発表を前に、アジア太平洋地域で初めて開催した自社イベント「Pivotal Summit」での発言なども紹介しながら、同社の狙いを探る。

PAGE TOP