[ザ・プロジェクト]

昭和シェル石油は、SAP ERPのサポート切れをどう乗り切ったか

2013年11月14日(木)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

システム担当者にとって、ソフトウェアのサポート切れは頭の痛い問題だ。安定稼働するシステムへの追加投資を、経営層にどう納得してもらうか。昭和シェル石油は、ダウンサイジングによるコスト削減と、事業継続強化を組み合わせ、難題を乗り切った。プロジェクトを牽引した2人に話を聞いた。(文中敬称略) 聞き手:本誌編集長 川上 潤司 Photo:陶山 勉

バージョンアップのコスト増をダウンサイジングで相殺

――基幹システムを刷新されたと聞きました。まずは、プロジェクトの概要を教えて下さい。

昭和シェル石油 グループファンクションズ情報企画室長の久保 知裕 氏
昭和シェル石油
グループファンクションズ情報企画室長
久保 知裕 氏

久保: SAP ERPを、4.6Cから6.0にバージョンアップしました。周辺システムも新システムに合わせて、手を加えています。具体的には、データインタフェースのハブになっているEAIや、請求書をユーザーに公開するためのWebシステム、インターネットで受注するためのアプリケーションなどです。インフラもUNIXサーバーから仮想インフラに変更しました。

 プロジェクトの予算をとったのが、2012年の4月。翌5月にプロジェクトを立ち上げ、準備期間を経て、発注したのが7月でした。2013年7月中旬に、移行を済ませました。

――どんな背景があったのでしょう?

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

昭和シェル石油は、SAP ERPのサポート切れをどう乗り切ったかシステム担当者にとって、ソフトウェアのサポート切れは頭の痛い問題だ。安定稼働するシステムへの追加投資を、経営層にどう納得してもらうか。昭和シェル石油は、ダウンサイジングによるコスト削減と、事業継続強化を組み合わせ、難題を乗り切った。プロジェクトを牽引した2人に話を聞いた。(文中敬称略) 聞き手:本誌編集長 川上 潤司 Photo:陶山 勉

PAGE TOP