[事例ニュース]

アルケア、生産情報をダッシュボードに集約しレポート作成の無駄を排除

2014年2月12日(水)IT Leaders編集部

アルケアは2013年9月、製造実績や生販実績、調達実績といった生産現場の情報を集約し、現場の担当者が容易に参照できるシステムを稼働させた。新システムの名称は「生産コックピット」。製品を導入したウイングアークが2014年2月12日に発表した。

 メディカルケアやホームヘルスケア製品の製造・販売を手掛けるアルケアは2011年、計画から受入、在庫管理、製造、物流までを一気通貫で担う生産管理システムを稼働。情報の一元管理と生産性向上を実現した。しかしその一方で、蓄積したデータの分析・活用体制は整っていないのが実情だった。

 例えば、工場担当者が原価やコストをシミュレーションするためにデータ分析を実施するには、システム担当者に生産管理システムからのデータ抽出を依頼。さらに、抽出してもらったデータを表計算ソフトを使って集計・加工し、レポートを作成する必要があった。このため、工場担当者が本業である〝ものづくり”に専念できないことが大きな課題となっていた。

 そこで同社は、生産管理システム上のデータから定型帳票を自動生成し、画面に表示する分析システムを導入することにした。具体的には、生産管理システム上のデータを夜間バッチや随時処理でサーバーに取り込んで加工。情報ダッシュボード画面から参照できるようにする仕組みである。現在、製造実績、生販実績、調達実績、在庫実績、生産設備実績、資源管理分析、製造原価実績の7項目を画面上で一覧できる。サーバーには「Dr.Sum EA」、情報ダッシュボードには「MotionBoard」を採用した。

 新システムはすでに、レポート作成時間の短縮や、コストシミュレーションの高速化といった成果を出している。コスト構造の改革や業務改善にもつながるとしている。

ユーザー名 アルケア
業種 医療機器製造・販売
導入システム BIシステム
導入目的 生産現場の業務効率化
導入時期 2013年9月
主な利用製品 「Dr.Sum EA」「MotionBoard」(ともにウイングアーク製)

 

関連記事

アルケア、生産情報をダッシュボードに集約しレポート作成の無駄を排除アルケアは2013年9月、製造実績や生販実績、調達実績といった生産現場の情報を集約し、現場の担当者が容易に参照できるシステムを稼働させた。新システムの名称は「生産コックピット」。製品を導入したウイングアークが2014年2月12日に発表した。

PAGE TOP