[調査・レポート]

2013年国内ITサービス支出は5兆75億円、金融、流通が投資拡大

2014年2月18日(火)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

IDC Japanは2014年2月18日、国内ITサービス市場予測を発表した。2013年の市場規模は5兆75億円。2年連続のプラス成長となった。

図:国内ITサービス市場 支出額予測:2012年~2018年

 2013年の同市場は前年比1.7%増の5兆75億円で、2年連続のプラス成長。2012年末から2013年初頭にいったん成長が鈍化したが、2013年第2四半期以降、投資が再拡大した。

 2012年と比較すると、市場成長の牽引役が変化している。サービス別に見ると、プロジェクトベースに代わり、ITアウトソーシングが比較的高い成長を達成した。産業分野別では、金融業、流通業の支出が増加。2012年に投資を大きく増やした通信・メディア業の支出は減速した。製造業の支出は横ばいだった。

 2014年以降もITサービスへの投資は拡大する。金融機関のシステム統合や、社会保障・税番号制度などの大型投資が控えているためだ。消費増税が企業業績やIT投資にもたらす影響を割り引いても、ある程度の成長が見込めるとしている。

 ただし、長期的に見ると、ITサービス市場の成長率は頭打ちになりそうだ。要因は、システム開発の工業化や、ソフトウェアによる運用自動化。ITサービスの効率化によって、サービス提供者の活躍の場が狭まる。データセンター構築ラッシュも、ホスティングやIaaS(Infrastructure as a Service)のサービス価格を押し下げる。

 2013年から2018年の年間平均成長率は1.3%、2018年の市場規模は5兆3442億円を予測する。調査をまとめたIDC Japanの寄藤 幸治グループディレクターは、「サービス提供先を従来の情報システム部門中心から事業部門、マーケティング部門に変えていくことや、クラウド、ビッグデータなど「第3のプラットフォーム」を使った新たなビジネスサービスを提供することも必要になる」と助言する。

関連記事

2013年国内ITサービス支出は5兆75億円、金融、流通が投資拡大IDC Japanは2014年2月18日、国内ITサービス市場予測を発表した。2013年の市場規模は5兆75億円。2年連続のプラス成長となった。

PAGE TOP