[新製品・サービス]

マイクロソフト、XPユーザーにデータ移行ソフトを無料提供

2014年3月24日(月)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

日本マイクロソフトは2014年3月24日、Windows XPからのデータ移行を支援するソフトウェアの提供を開始した。同社のWebサイトから期間限定で無料ダウンロードできる。

写真:Windows XPは2014年4月9日にサポート終了する。今回のツール提供も後継バージョンへの移行を促す取り組みの一環
写真:Windows XPは2014年4月9日にサポート終了する
今回のツール提供も後継バージョンへの移行を促す一環

 ソフトウェアの名称は、「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」。Windows XP搭載のPCから、Windows 8/Windows 8.1搭載のPCに、データと設定を移行する。

 まず、移行元と移行先のPCにソフトをインストール。次に、2つのPCを接続する。ネットワークやLANクロスケーブル、USBリンクケーブルのいずれかを選択できる。最後に、双方のPCでソフトを立ち上げ、引っ越しを指示すると、データや設定を自動的に移行する仕組みだ。ソフトを使うと、以下の情報や設定を引き継げる。

  • Internet Explorerのお気に入り、ホームページ設定
  • メール、アドレス帳、メールアカウントなど
  • Officeファイル、動画、音楽、画像ファイル、デジカメ写真、マイ ドキュメント 
  • はがき作成ソフトの住所録(筆まめ、筆王、筆ぐるめなど)
  • 壁紙、デスクトップ、複数ユーザ利用の場合の対応

 対象は、現在Windows XPを利用しているユーザー。2014年7月31日までの期間限定で、同社のWebサイトからダウンロードできる。 

 マイクロソフトは2014年4月9日をもって、Windows XPと、Office 2003のサポートを終了する。以後は、更新プログラムを提供しないため、セキュリティリスクが高まる。マイクロソフトは、後継バージョンへの移行を訴えており、今回のツール提供もその一環。

関連記事

マイクロソフト、XPユーザーにデータ移行ソフトを無料提供日本マイクロソフトは2014年3月24日、Windows XPからのデータ移行を支援するソフトウェアの提供を開始した。同社のWebサイトから期間限定で無料ダウンロードできる。

PAGE TOP