[市場動向]

日本IBM、3D CAD/CG向けワークステーション仮想化環境の検証センターを開設

2014年4月22日(火)IT Leaders編集部

日本IBMは2014年4月22日、同社の本社(箱崎事業所)内にワークステーション仮想化環境の導入検証を支援する「IBM System x CAD on VDI検証センター」を開設した。パートナー各社と連携し、顧客の3D CADやCG領域を中心とする仮想デスクトップ環境(VDI)ソリューションの導入検討を支援していく。

 クライアントPC環境の運用効率化やコスト削減、セキュリティ向上を目的とした仮想デスクトップ環境(VDI)は今やめずらしいものではなくなった。一方で、オフィスやコールセンターのPCばかりでなく、3D CADやCGといった高度なグラフィックス処理を行うワークステーションにおいてもVDIのニーズは当然にあるが、サーバーやクライアントデバイスの処理性能や3D CAD/CGで扱うデータタイプなどの問題など、導入にはいくつかのハードルが存在する。

3D CADやCG領域でVDIを利用するうえでの考慮点(出典:日本IBM)

 

 今回、箱崎事業所に開設されたIBM System x CAD on VDI検証センターでは、インテル x86サーバーシステム「IBM System x iDataPlex」および高密度実装型のサーバー/ストレージシステム「IBM NeXtScale System」を常設。最新のハードウェア環境の下、3D CAD/CG領域の高い性能要件を満たすVDIソリューションの検証/構築のシミュレーションが可能になっている。

 IBM System x CAD on VDI検証開設に際して、3D CAD/CG領域での豊富なシステム構築ノウハウを有するパートナー企業が名を連ね、日本IBMと連携して、顧客のVDIソリューションの導入支援を行う。

 陣容を紹介すると、SIパートナーは、アルゴグラフィックス、アルファネット、兼松エレクトロニクス、新日鉄住金ソリューションズ、ミントウェーブの5社、ソリューションパートナーはヴイエムウェア、エヌビディアシトリックス・システムズ・ジャパンの3社、アプリケーションパートナーは、オートデスク、シーメンスインダストリーソフトウェア、PTCジャパンの3社、シンクライアントソリューションパートナーは、アセンテックとエス・アンド・アイの2社となっている。

 なお、同センターの開設に合わせて、日本IBMは「IBM NeXtScale PCIe NeX(Native eXpansion)トレイ」を発表している。これは、IBM NeXtScale SystemにGRID GPUなどの並列処理アクセラレーターの搭載を可能とするインタフェースで、標準的なラック型2Uサーバーと比較して2倍のNVIDIA GRID GPUボードを搭載でき、1U当たりのVM数を2倍に増強することが可能になる。

 

関連記事

日本IBM、3D CAD/CG向けワークステーション仮想化環境の検証センターを開設日本IBMは2014年4月22日、同社の本社(箱崎事業所)内にワークステーション仮想化環境の導入検証を支援する「IBM System x CAD on VDI検証センター」を開設した。パートナー各社と連携し、顧客の3D CADやCG領域を中心とする仮想デスクトップ環境(VDI)ソリューションの導入検討を支援していく。

PAGE TOP