[ザ・プロジェクト]

すかいらーく、全国3000店舗のデータ分析基盤をクラウド使い3カ月で再構築

2014年5月1日(木)志度 昌宏(IT Leaders編集部)

「ガスト」や「藍屋」「バーミヤン」などを展開する、すかいらーくグループは2014年1月、全国3000店舗から集まるPOS(Point of Sales:販売時点管理)データの分析基盤をクラウド上に構築した。プロジェクトの期間は、検討開始から本稼働まで3カ月。プロジェクトを立案したマーケティング本部インサイト戦略グループ ディレクターの神谷 勇樹 氏に、クラウド選定の理由や、新システムの狙いなどを聞いた。(文中敬称略) 聞き手:志度 昌宏=IT Leades副編集長 Photo:鹿野 宏

神谷 勇樹氏 すかいらーく マーケティング本部 インサイト戦略グループ ディレクター
拡大画像表示

――データ分析基盤をクラウド上に構築されました。まずは、プロジェクトの概要からお聞かせください。

神谷:すかいらーくグループが全国に約3000店展開している店舗で発生するPOS(Point of Sales:販売時点管理)データなどを分析するための基盤を、AWS(Amazon Web Services)の「Redshift」を使って構築しました。各店舗からのデータは、Redshiftで扱えるように変換してから、AWSのストレージサービスである「AmazonS3(Simple Storage Service)」にいったん格納し、一定時間ごとにRedshiftに取り込んでいます。Redshiftでの分析結果は、米Tableau製の「Tableau Server」と「Tableau Desktop」を使って可視化し、データ分析専門の担当者が活用しています。

数時間の処理が数分、数十秒で終了

 これまでPOSデータの分析では、グループのデータセンター内にオンプレミスのDWH(Data Warehouse)システムを構築し、Excelで結果を利用してきました。ただ分析したい内容によっては、データ集計に何時間もかかるケースがあったのです。今回、Redshiftを採用したことで、同じ処理が数分、数十秒で終えられるようになりました。

――分析対象のデータの種類やデータの量は、どうなっていますか。

この記事の続きをお読みいただくには、
会員登録(無料)が必要です
登録済みの方はこちら

IT Leaders 雑誌版、電子版をご購読の方、会員登録済みの方は下記ボタンよりログインして続きをお読みください

初めての方はこちら

IT Leaders 会員になると
会員限定公開の記事を読むことができます
IT Leadersのメルマガを購読できます

【次ページ】検討含め3カ月、実構築期間は1カ月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
バックナンバー
ザ・プロジェクト一覧へ
関連記事

すかいらーく、全国3000店舗のデータ分析基盤をクラウド使い3カ月で再構築「ガスト」や「藍屋」「バーミヤン」などを展開する、すかいらーくグループは2014年1月、全国3000店舗から集まるPOS(Point of Sales:販売時点管理)データの分析基盤をクラウド上に構築した。プロジェクトの期間は、検討開始から本稼働まで3カ月。プロジェクトを立案したマーケティング本部インサイト戦略グループ ディレクターの神谷 勇樹 氏に、クラウド選定の理由や、新システムの狙いなどを聞いた。(文中敬称略) 聞き手:志度 昌宏=IT Leades副編集長 Photo:鹿野 宏

PAGE TOP