[事例ニュース]

巣鴨信金、フィッシング対策システムを構築し顧客にソフトを無償配布

2014年5月22日(木)IT Leaders編集部

巣鴨信用金庫は、フィッシング詐欺防止を目的とする新システムを構築した。製品の導入を支援したセキュアブレインが2014年5月20日に発表した。

利用者のPCに偽のポップアップ画面を出すことにより、暗証番号や乱数表の内容を不正に取得。その情報を基に現金を引き出すフィッシング詐欺が横行している。巣鴨信用金庫はこうした詐欺から顧客を保護するため、新システムを導入した。

新システムは、顧客に無料配布するクライアントソフトと同庫のサーバーとの間で認証情報をやり取りし、顧客がアクセスしたWebサイトが真正なサイトであることを証明する仕組み。サイトが真正である場合、顧客のPCのブラウザに緑色のシグナルを表示する。

顧客が同庫のWebサイトにアクセスした際に、顧客のPCがウィルスに感染していないかをチェックする機能も備える。感染の徴候を発見した場合は、赤いシグナルと警告メッセージを表示。合わせて、ウィルスを無効化する。

セキュアブレインの金融機関向けフィッシング・不正送金対策製品である「PhishWallプレミアム」を利用して構築した。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 巣鴨信用金庫
業種 金融
導入システム セキュリティ
導入目的 フィッシング詐欺の防止
導入時期
主な利用製品 「PhishWallプレミアム」(セキュアブレイン)

 

関連キーワード

金融 / 信用金庫 / フィッシング / セキュアブレイン / PhishWall

関連記事

巣鴨信金、フィッシング対策システムを構築し顧客にソフトを無償配布巣鴨信用金庫は、フィッシング詐欺防止を目的とする新システムを構築した。製品の導入を支援したセキュアブレインが2014年5月20日に発表した。

PAGE TOP