[事例ニュース]

みずほ銀行、プライベートクラウドで基盤調達コストを半減へ

2014年5月26日(月)IT Leaders編集部

みずほ銀行は2014年3月、グループ企業と共同で利用するプライベートクラウド基盤を構築した。製品を導入した日本IBMが、2014年5月26日に発表した。

「みずほクラウド」と呼ぶ新基盤は、サーバーやストレージといったリソースを仮想化技術を用いてプール化。設計基準を満たした設定済みのシステム基盤を配布するもの。システム構築時の調達にかかるコストを、従来の2分の1以下に削減することが狙いだ。すでに、システム基盤構築にかかる期間を、従来の2カ月から2~3日に短縮する効果が出ている。

ATMやインターネットバンキングといったチャネル系システムを、新基盤上に移行済み。今後、決済系システムや情報系システムも集約していく。

サーバー環境に「IBM Power Systems」、ストレージ環境に「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー」をそれぞれ採用。システムのプロビジョニングにおいては、対象システムのイメージ/リソース管理、構成の自動化を支援する「パターンテクノロジー」を搭載した「IBM Workload Deployer (現IBM SmarterCloud Orchestrator)」を活用している。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 みずほ銀行
業種 金融
導入システム プライベートクラウド
導入目的 システム構築コストの削減
導入時期 2014年3月
主な利用製品 「IBM Power Systems」、「IBM System Storage SANボリューム・コントローラー」「IBM Workload Deployer (現IBM SmarterCloud Orchestrator)」、「IBM Tivoli Monitoring」
関連キーワード

金融 / 銀行 / Power Systems / SmarterCloud / みずほ銀行

関連記事

みずほ銀行、プライベートクラウドで基盤調達コストを半減へみずほ銀行は2014年3月、グループ企業と共同で利用するプライベートクラウド基盤を構築した。製品を導入した日本IBMが、2014年5月26日に発表した。

PAGE TOP