[事例ニュース]

日本航空、スマートウォッチ活用に向け実証実験を開始

2014年7月16日(水)IT Leaders編集部

日本航空は、空港旅客業務におけるスマートウォッチの有用性を検証する。羽田空港第1旅客ターミナルビルにおいて、2014年7月16日から約1カ月にわたり実証実験を実施する。共同で実験にあたる野村総合研究所が、2014年7月14日に発表した。

新システムは、各スタッフの位置情報をPC画面に表示し、スマートウォッチに配置指示を配信するもの。搭乗客に対する対応の迅速化とスタッフ配置の効率化が狙いだ。

位置情報は、各搭乗ゲートに設置したスマートフォン検知用の無線機器で収集する。搭乗ゲートから離れたオフィスにいる運航管理担当者は、PC画面に表示された位置情報をリアルタイムで見ながら、スタッフのスマートウォッチに配置指示を送信。スタッフは、携帯情報機器や無線機をわざわざ取り出すことなくそうした指示を参照できる。腕時計を見る動作で、次にすべきことを確認できるわけだ。

野村総合研究所がシステム開発を担当する。無線技術は米アップルのiBeacon。スマートウォッチは「GALAXY Gear2」や「LG G Watch」などを導入する。

【プロジェクトの概要】
ユーザー名 日本航空
業種 運輸
導入システム 無線技術による位置情報検出、スマートウォッチへの情報配信
導入目的 顧客対応の迅速化、スタッフ配置の効率化
主な利用製品 「iBeacon」(米アップルの近距離無線通信技術)、「GALAXY Gear2」「LG G Watch」(いずれもスマートウォッチ)、「GALAXY S5」(スマートフォン)

 

関連キーワード

運輸 / 航空 / ウェアラブル / スマートウォッチ / iBeacon / Apple / LG / GALAXY

関連記事

日本航空、スマートウォッチ活用に向け実証実験を開始日本航空は、空港旅客業務におけるスマートウォッチの有用性を検証する。羽田空港第1旅客ターミナルビルにおいて、2014年7月16日から約1カ月にわたり実証実験を実施する。共同で実験にあたる野村総合研究所が、2014年7月14日に発表した。

PAGE TOP