[市場動向]

アップルとIBMが企業向けモバイル分野で提携

2014年7月16日(水)緒方 啓吾(IT Leaders編集部)

米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けモバイル分野での提携を発表した。企業向けアプリケーションや法人向けサポートなどを共同開発する。

米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けモバイル分野で協業すると発表した。共同で法人向けソリューション「IBM MobileFirst for iOS Solutions」を開発する。具体的な内容は以下の通り。

企業向けモバイルアプリの提供

iPhoneやiPad向けにビジネスアプリを開発する。100以上の業種特化型のエンタープライズソリューションを提供する予定。対象業種として小売、ヘルスケア、金融、旅行、運輸、通信、保険などを挙げる。2014年秋から2015年にかけて提供開始する。

クラウドサービスの最適化

企業がモバイルを活用するために必要な機能一式を提供する。具体的にはアナリティクス、ワークフロー、クラウドストレージ、大規模モバイル管理、セキュリティ、システム構築など。企業専用のアプリケーションカタログや、生産性を高めるツール群も含む。

これらは、オンプレミスだけでなく、クラウドサービスとしても提供する。IBMの開発プラットフォーム「Bluemix-IBM」で提供する。

デバイスとアップルケアの提供

企業ニーズに合わせた、新しいアップルケア「AppleCare for Enterprise」を提供する。IBMのサポートチームが24時間のオンサイトでサポートする。IBMは顧客企業のiPhoneやiPadを調達したり、ライフサイクルを管理したりもする。

提携内容IBMのWebサイトに掲載されているアップルとの提携内容
拡大画像表示

今回の提携ついて、アップルのティム・クックCEOは、「アップルとIBMだけが提供できる、エンタープライズの飛躍的なステップ」とコメント。IBMのバージニア・ロメッティCEOは、「アップルのイノベーションは、我々の生活を変革した。この提携は、同種の変革を働き方やビジネスのあり方にもたらすだろう」と述べている。

関連記事

アップルとIBMが企業向けモバイル分野で提携米アップルと米IBMは2014年7月15日、企業向けモバイル分野での提携を発表した。企業向けアプリケーションや法人向けサポートなどを共同開発する。

PAGE TOP